税金対策

主婦にもできる5つの税金対策の方法を税金のプロが徹底解説

主婦には税金対策がないと諦めていませんか?そんなことはありません。

主婦でも税金対策はできます。

 

年末調整や確定申告をしていると「もったいないなー、こうしたら税金少なくなるのに」と感じます。

 

今回は税理士事務所勤務10年以上の私が、カンタンにできる主婦の税金対策を5つご紹介します。

生命保険・イデコは年末調整の時にできるけど、医療費・不動産投資は確定申告が必要になるよ。

ふるさと納税は、年末調整も確定申告も不要な制度があるよ。

内容 難易度 今すぐはじめる もっと詳しく知りたい
ふるさと納税 楽天ふるさと納税 主婦が注意すべき5つのポイント
生命保険 保険見直しラボ 準備中
イデコ SBI証券 iDeCo 年収130万円でイデコに加入
医療費 医療費は10万円以下でも使える
不動産投資 タウンライフ不動産投資 準備中

税金対策1 ふるさと納税

ふるさと納税をすると自己負担2,000円で、市町村の特産品がもらえるよ。

自己負担2,000円にするためには、限度額を知ることが大切になります。限度額を超えると、自己負担が2,000円を超えてしまうので注意しましょう。

出典:ふるさと納税のしくみ(総務省)

 

限度額の目安は上の表を参考にしたらわかるね。

給料だけの収入だったらワンストップ特例制度で確定申告が不要になるのも嬉しいよね。

 

たくさんのふるさと納税サイトがありますが、その中でも楽天ふるさと納税がおすすめです。

楽天はふるさと納税は楽天ポイントがもらえて自己負担が楽天ポイント分さらに、お得になります!

 

 

ふるさと納税について、こちらの記事も読まれています。

税金対策2 生命保険

生命保険に加入したら生命保険料控除が受けられるよ。

生命保険料控除を受けると、税金を少なくすることができます。生命保険料控除は3つに区分され、それぞれに限度額があります。

  控除の種類 控除限度額 年間払込料
新制度 一般生命保険料 各4万円 8万円を超えても控除額は増えない
介護医療保険料 8万円を超えても控除額は増えない
個人年金保険料 8万円を超えても控除額は増えない
旧制度 一般生命保険料 各5万円 10万円を超えても控除額は増えない
個人年金保険料 10万円を超えても控除額は増えない

控除額は合計12万円が限度です。

 

生命保険ってこんなに区分されてたんだ。

そうだよ。もったいないなーってよく感じるのは、生命保険だよ。

どういうこと?

よく使われる生命保険は「一般生命保険料」なんだ。

新制度の場合、年間払込料が8万円を超えると控除額は4万円が限度になるよ。


10万円の保険料でも、100万円の保険料でも控除額は4万円になるの?

その通り!だから年間払込料が8万円を超えたら、介護医療保険や個人年金保険にするだけで控除限度額が増えるよ。

同じ保険料でも、内容を変えるだけで税金対策になるんだ!

必要のない保険を支払っていることもあるから、保険はライフステージに応じて見直しするといいよ。

 

保険の相談をしたいけど小さな子供がいたり、外出が面倒な人は保険見直しラボがオススメです。

プロのFPが無料で訪問してくれるので、希望の場所で相談することができます。

 

保険相談とアンケートの回答で高級マカロンや米をもらえますのでお得です。

税金対策3 イデコ

イデコは税金対策をしながら、将来の貯金ができるよ。

イデコは改正がされて2017年1月から主婦(第3号被保険者)でも加入することができるようになりました。

 

イデコの特徴は主に以下の3つです。

メモ

・130万円まで働いても所得税がかからない

・保育料に影響する

・老後の資金を自分で確保できる

 

イデコは支払った金額で節税、利益に税金がかからない、受け取った時は一定額まで非課税だよ。

 

イデコについて、もっと詳しく知りたい人はこちらの記事でわかります。

税金対策4 医療費

年収が310万円以下だと、年間の医療費が10万円以下でも医療費控除が使えるよ。

医療費控除は10万円を超えないと使えないと思われていますが実はそうではありません。年収が310万円以下であれば、年間の医療費が10万円以下でも医療費控除が使えます。

 

医療費控除について、もっと詳しく知りたい人はこちらの記事でわかります。

税金対策5 不動産投資

節税対策になる不動産投資もあるよ。

不動産投資をすると家賃収入が増えるので「税金が増える」と感じますが、不動産投資の中にはお金をもらいながら税金対策になるものもあります。

 

不動産収入以上に経費が増えると赤字になって、その分税金が少なくなるよ。

赤字になったら、お金減っちゃうじゃん。そんなのイヤだ...。

お金が増えて、赤字になることもあるよ。

どういうこと?

不動産投資をすると減価償却費って経費が発生するから、それを上手く使うんだ。

 

減価償却費の経費を上手く使えば、お金を増やしながら税金対策をすることができます。

税金対策にならない不動産投資もあるので、まずはプロに無料で相談することが大切です。

主婦の税金対策のまとめ

主婦でも税金対策をすることはできます。税金を年間1万円少なくすることができれば、10年間で10万円の対策になります。

言い換えれば、税金対策をしないと年間1万円も多く税金を払っていることになります。

 

今回ご紹介した5つの税金対策のほとんどがいますぐできるものです。

特に生命保険の見直しが、支払い金額を変更することなく税金対策が可能です。さらに保険の見直しで保険料が減ることもあります。

 

一度に全部することは難しいので、まずは自分にあった対策を実施してみましょう。

内容 難易度 今すぐはじめる もっと詳しく知りたい
ふるさと納税 楽天ふるさと納税 主婦が注意すべき5つのポイント
生命保険 保険見直しラボ 準備中
イデコ SBI証券 iDeCo 年収130万円でイデコに加入
医療費 医療費は10万円以下でも使える
不動産投資 タウンライフ不動産投資 準備中

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ひで

ひで

初めまして!ブログ運営者のひでです。

税理士事務所経験10年以上、税理士試験 簿記論・建設経理士1級などの資格を取得し、複数メディアで税金ライターとして活動しています。

働き方改革で徐々に副業が解禁されています。副業で稼ぐことも大事ですが、それと同時に税金について知ることも大切です。知らないだけで税金を多く支払っている人はいます。

このブログでは主に主婦のための節税、副業で稼ぐためのコンテンツなどをまとめています。

人気記事

主婦にもできる5つの税金対策 1

主婦には税金対策がないと諦めていませんか?そんなことはありません。 主婦でも税金対策はできます。   年末調整や確定申告をしていると「もったいないなー、こうしたら税金少なくなるのに」と感じま ...

主婦にオススメの副業5つ!税金・扶養を意識して体験談から選択 2

私にもできる副業ってないの? 今までブログ、ライター、不動産投資など10近い副業経験のある私が、主婦にオススメの副業を5つご紹介します。   こんなことがわかるよ。   ・主婦にオ ...

【ピンタレスト✖️ブログ】45日でブログ流入を6倍以上にした方法 3

みごとにグーグルアップデートの恩恵を受けてPVを激減させることに成功しました。(まったく嬉しくありません) 「せっかく頑張って上位表示したのに」「ブログ辞めようかな」と感じた方も多いはずです。 これか ...

年収130万円のパート主婦がイデコに加入 4

パートでもイデコに加入する意味ってあるの? 意味あるよ。なんでそう思うの? イデコって税金対策でしょ?パートだと扶養の範囲内で働いてることが多く、税金対策は必要ないんじゃないの? イデコは税金対策以外 ...

扶養は103万、130万、150万どれが特か 5

扶養の範囲内で働きたいけど、扶養の違いがわからない。扶養でよく聞く103万、130万はどっちが得なの? 150万もよく言われるから3つで比較してみるね。   103万と130万はどっちが得に ...

-税金対策

© 2021 サブタックス