扶養

副業をすると社会保険の扶養から外れるのか?主婦のブログは注意

社会保険の扶養は給料と副業の収入を合計

こんにちは。ひでです。

副業でブログやアフィリエイトをしているけど、社会保険の扶養から外れるのかな?

共働き夫婦や副業をしている方が増えています。

副業の中でもブログやアフィリエイトは在宅、時間に束縛をされることなくできるため主婦の方に人気があります。

副業の収入が増えてくると意識するのが税金、そして社会保険の扶養ではないでしょうか。

税金だけを意識してしまうと忘れがちなのが社会保険ですが、結論からいくと副業の収入が増えると社会保険の扶養から外れることがあります。

社会保険の扶養は一般的には年収130万円ですが、年収が130万円を越えると社会保険の扶養からすぐに外れるわけではありません。

今回は社会保険の扶養についてご紹介します。年金事務所の方に問い合わせた内容についても参考にして下さい。

社会保険の扶養の条件とは

社会保険の扶養条件をチェック

本人が社会保険の加入義務者ではない場合、年収130万円未満であれば社会保険の扶養に入ることができます。

パートやアルバイトの方でも、一定の条件を満たせば社会保険の扶養になります。

パート・アルバイトで社会保険に加入する必要がある場合

パートやアルバイトで正社員の労働時間及び労働日数の3/4以上働いている場合は、社会保険に加入する必要があります。

労働時間だけ3/4以上・労働日数だけ3/4以上ではなく、労働時間と労働日数の両方で正社員の3/4以上働いている場合は社会保険に加入する必要があるんだ。

さらに2016年に社会保険の適用が拡大され、労働時間と労働日数の条件を満たしていない場合でも、以下の要件を満たせば社会保険に加入する必要があります。

・週20時間以上勤務
・従業員501人以上の勤務先で勤務している
・年収106万円以上(月の賃金が88,000円以上)
・1年以上の勤務が見込まれる
・学生ではない

社会保険に加入しているとブログなどの副業で社会保険料は増えない

社会保険には等級があり、給料の金額によって社会保険料が決定します。

そのため給料にはならないアフィリエイト・不動産・せどりなどの収入が増えたからといって、社会保険にすでに加入している方の社会保険料は増えません。

副業がパートやアルバイトの場合は、本業と副業の給料を合計した金額で社会保険の等級が決まるので、社会保険料が増える事があるから注意が必要だ。

社会保険の扶養130万円は給与収入だけではない

社会保険の扶養は給料だけではない

副業と社会保険って関係あるの?
関係あるね。副業の収入によっては社会保険の扶養から外れるよ。
そうなの?ちょっと詳しく教えて。

社会保険の扶養と言えば年収130万円ですが、年収は給与だけでなく副業の収入も含まれます。

年収130万円に含まれる収入の具体例

ブログ・アフィリエイト収入

不動産収入

失業給付

疾病手当金

遺族年金

社会保険の年収は給与だけじゃなく、不動産収入や所得税では非課税とされている遺族年金等も年収に含まれるんだ。

パートやアルバイトで月8万円、年間で96万円の場合、他に収入や一定の要件を満たせば社会保険の扶養に入れます。

しかし、副業収入がある場合は扶養から外れることがあります。

パートやアルバイトで月8万円の収入プラス、ブログ・アフィリエイト等の副業収入が月に5万円あれば合計して月に13万円、年間で156万円となり、社会保険の扶養130万円を超えます。

副業の利益は関係ない

社会保険の扶養は、副業の所得ではなく収入で判断するんだ。

社会保険の扶養は所得ではなく収入で判断します。収入と所得は似ていますが、収入=売上、所得=利益です。

収入で判断するので、ブログやアフィリエイトの副業で所得がでていても、損失がでていても関係ありません。

極端な話ですがブログ・アフィリエイト収入が600万円、損失が130万円であっても社会保険の扶養から外れます。

ブログやアフィリエイトの収入は、アドセンス・ASPからの報酬のことだよ。

社会保険の扶養から外れたら国民健康保険

社会保険の扶養の判定は給与だけだと思っていたけど、ブログ収入・不動産収入や遺族年金も含めて判定されるんだな。社会保険が扶養から外れたらどうなるんだ?
社会保険の扶養から外れたら、国民健康保険に自分で加入することになるね。
国保か...扶養の範囲内で働いていたのに、負担が増えるな。

働いている会社で社会保険に加入することになれば別ですが、社会保険の扶養から外れた場合の多くは国民健康保険に加入することになります。

社会保険の扶養の範囲内で働いている場合、副業の収入で社会保険の扶養から外れたら副業で稼いでいる金額よりも社会保険の負担の方が多くなることがあります。

それだと副業をすると損した気持ちになります。扶養範囲内の手取り額について詳しくは以下をご確認下さい。

扶養は103万、130万、150万どれが特か
扶養内の働き方103万、130万、150万どれが得か手取りを計算

扶養の範囲内で働きたいけど、扶養の違いがわからない。扶養でよく聞く103万、130万、150万は結局どれが得なの? 103万、130万、150万についてどれが一番得になるか検証してみたら、130万円が ...

続きを見る

社会保険の130万円は確定額ではなく見込み額

社会保険の扶養から外れなくて安心している女性

社会保険の扶養は130万円ですが、130万円は確定額ではなく見込み額です。

「失業手当を貰っていたら社会保険の扶養から外れる」という話を聞いた事はありませんか?

失業給付は所得税では非課税ですが、社会保険では収入になります。

ここで少し考えてみましょう。失業給付を年間で130万円貰っていますか?年間で130万円貰っていないのに社会保険の扶養から外れていませんか?

それは、社会保険の扶養は「このままだと年間130万円を超える」という見込みで判断されるからです。

失業給付の場合は日額で3,611円以下であれば扶養、日額3,612円以上で扶養から外れます。失業給付に関しては、日本年金機構で明記されています。

出典:従業員が家族を扶養にするときの手続き(日本年金機構)

給与所得の場合は、月額108,334円以上になると扶養から外れます。

月額108,334円を超えてもすぐに社会保険の扶養から外れない

社会保険の扶養って見込み額で判断してるんだ。じゃあ月額が108,334円を超えたらすぐに社会保険の扶養から外れるの?
あくまで見込みだからな、アルバイトやパートだと月額が108,334円を超えてもすぐに社会保険の扶養からは外れないよ。

社会保険の扶養について年金事務所の方に質問をしてみました。

A:パートやアルバイトで副業をして、合計月額108,334円を超えたら扶養から外れるんですか?

B:扶養からは外れます。

A:月額108,334円を超えたらすぐに社会保険の扶養から外れますか?

B:月額108,334円を超えてもすぐに扶養から外れるわけではありません。

A:何ヶ月か連続で超えたら扶養から外れるっていう規定はあるのですか?

B:具体的な個別の案件は職場や加入している協会けんぽや組合に確認をして下さい。

A:わかりました。ありがとうございました。

上記の様な会話をしました。参考程度にして下さい。

パートやアルバイト、副業で月額が108,334円を超えてもすぐに社会保険の扶養から外れるわけではないことがわかりました。

対応して頂いた方、大変ありがとうございました。

消費税が8%から10%になると社会保険の扶養から外れる可能性が高まる

消費税が8%から10%に引き上げ

2019年(令和1年)10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられる予定です。

「消費税の引き上げと社会保険の扶養になんの関係があるの?」と思うかもしれませんが、副業をしている場合は影響があります。

副業でブログアやフィリエイトをしている場合、アフィリエイト報酬には消費税が発生しています。

税別の報酬単価であれば、消費税が8%から10%になれば、必然的に収入が2%増えるでしょう。

そうなれば年収が130万円を越えて社会保険の扶養から外れる可能性が高まります。

消費税引き上げの影響は消費税の納税義務にも影響があるので、詳しくはこちらの記事をご確認下さい。

消費税10%になるとアフィリエイト収入が増!?納税義務はどうなる

2019年10月1日から消費税が8%から10%になる事が予定されています。「消費税が引き上げられると負担が増える」と思ってしまいがちですが、ブログ等でアフィリエイトをしている方は収入が増えるはずです。 ...

続きを見る

副業と税金

ブログ、ライターの副業の税金を計算する女性

働き方が多様化し、パートやアルバイト、在宅ワーカー、ブログ・アフィリエイターと様々な副業があります。

生活費を稼ぐために副業をしていて思わぬところで社会保険の扶養から外れると、社会保険料分が負担になります。

せどりや転売を副業としている方は仕入があるため、アフィリエイトに比べて売上が130万円を超える確率が高いです。

社会保険の扶養で働く事を考えている場合は、副業の収入を意識して、見込みで130万円を超えそうな時は職場に確認しましょう。

副業で社会保険の扶養から外れるようになると、所得が発生し税金が高くなることが考えられます。

年収が103万円を超える場合は所得税や住民税が発生してくるでしょう。社会保険に加えて税金が発生すると負担が増えます。

20万円以下の副業は申告が不要とよく言われますが、少し違います。

所得税の確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要になるので注意しましょう。詳しくは以下の記事をご確認下さい。

副業が20万円以下だと確定申告は不要だが住民税の申告が必要!

「副業は20万円以下であれば申告が不要」と聞いたことがないでしょか? これは半分正解で、半分間違っています。副業の所得は20万円以下であれば確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要です。 2018年は ...

続きを見る

学校の授業では、ほとんど「お金」について勉強することがありません。お金の知識が少ないから「将来が不安」「貯金が苦手」「投資はわからない」と悩みます。

私もそうでしたが、マネースクールを受けて貯金ができ、給料以外の収入が増えました。

そんな私が受けたマネースクールの体験談です。少しでも参考になれば嬉しいです。

税金のプロが無料のマネーセミナー「お金の教養講座」を受けた体験談
税金のプロが無料のマネーセミナー 「お金の教養講座」を受けた体験談
税金のプロが無料のマネーセミナー「お金の教養講座」を受けた体験談

家で過ごす時間が長くなり、将来について考えることが増えました。 「給料だけの収入で生活できるんだろうか」「会社が倒産したり仕事がなくなったらどうなるんだろうか」などを考えると、このままではダメなんじゃ ...

続きを見る



\今ならweb受講料の1,000円が無料/

-扶養

Copyright© サブタックス , 2020 All Rights Reserved.