イデコ(iDeCo)

パート主婦がイデコ(iDeCo)に加入!年収130万円で検証

年収130万円のパート主婦がイデコに加入
ひで

ひで

初めまして!ブログ運営者のひでです。 「このままでは生活が苦しくなる」と思い、子供が産まれたことをきっかけに副業を始める!サラリーマンを頑張っても収入が増えないことに気付き、お金の勉強と自動収入の仕組みづくりをスタート! なんとか不動産収入をゲットし、現在は住宅ローンを副業収入で支払っています。

パートでもイデコに加入する意味ってあるの?
意味あるよ。なんでそう思うの?
イデコって税金対策でしょ?パートだと扶養の範囲内で働いてることが多く、税金対策は必要ないんじゃないの?
イデコは税金対策以外にも、将来の貯蓄のために加入することができるんだ。それに最近は年収130万円を意識して働く人が増えてきたから、税金対策にもなるよ。

イデコ(iDeCo)は改正が行われ2017年1月から主婦(第3号被保険者)の方でもイデコに加入できるようになりました。

パート主婦の方は、扶養の範囲内の所得税が発生しない「103万の壁」や、社会保険の「130万の壁」を意識して働く方が多いです。

130万円まで働くと、社会保険は扶養になりますが103万円を超えているので所得税が発生します。

しかしパート主婦がイデコに加入すれば、130万円まで働いても所得税が発生しなくなります。

年収が130万円だったら、どのくらいの税金が発生するの?
社会保険に加入していない場合は約5万円の税金になるよ。
5万円も?税金ってそんなに払ってたんだ。イデコに加入すると税金はどうなるの?
所得税と住民税をあわせると、そのくらいの税金になるよ。イデコに加入したら最高で約4万円、税金が安くなるんだ。

今回は税理士事務所10年以上の経験を活かしてパート主婦のイデコ(iDeCo)についてご紹介します。

さらに60歳までイデコに加入した時のシミュレーションをしているので、将来の手取り額の差が参考になれば嬉しいです。

この記事でわかること

・主婦がイデコに加入するメリットとデメリット

・年収130万円でイデコに加入した場合のシミュレーション

・60歳になった時の手取り金額

イデコの加入をオススメする人

  • 社会保険の扶養範囲でも所得税を少なくしたい
  • 将来のために貯蓄をしたい
  • 貯蓄が苦手

イデコは税金対策になりますが、それ以上に支払い金額が増えます。

「支払い金額が増えると困るでも将来に向けて貯金をしたい」方は、まずお金の勉強をしてみるのもいいです。

実際に私はお金の勉強をして、給料以外の収入が増えました。

\今ならweb受講料の1,000円が無料/

お金の教養講座

知識があればお金の不安が解消

年収130万円のパート主婦がイデコに加入するとどうなる?

パート主婦がイデコに加入

年収130万円のパート主婦の方がイデコに加入すると所得税は最高0円になります。

イデコの掛金は加入対象者の働き方によって掛金の上限額が違い、主婦(第3号被保険者)の方は月額23,000円、年額276,000円まで積み立てできます。

社会保険の扶養ではなく、自分で社会保険に加入している場合は企業型確定拠出年金の有無によってイデコの上限額が違うよ。

所得税がかからない年収は103万円、社会保険の扶養は130万円、130万円と103万円の差額は27万円です。この金額は、主婦の方が積み立てできるイデコの上限276,000円に近い金額になります。

今回は「130万円と103万円の差額をイデコに加入したら所得税が還付になる」ということです。

イデコの掛金はどうなるの?
イデコは原則60歳になるまで引き出しできないんだ。
それだったら最初から103万円以内で働いた方がよくない?それか、少し税金を払ってもイデコに加入しなくてもいいよ。

こんなこと思いませんか?しかしイデコには様々なメリットがあります。

主婦がイデコに加入するメリット

パート主婦がイデコに加入するメリット

主婦がイデコに加入するメリットは主に以下の3つです。

メモ

・130万円まで働いても所得税がかからない

・保育料に影響する

・老後の資金を自分で確保できる

130万円まで働いても所得税がかからない

イデコは税制優遇が3つあり、その1つは「掛金が全額所得控除」になることです。

例えば年収130万円の主婦がイデコを年間27万円支払った場合、所得税は年収103万円と同じ0円になります。

年収130万円でイデコした場合のイメージ

図にすると上のようなイメージです。年収103万円の場合の所得は38万円ですが、基礎控除が38万円あるので所得は0円になり税金も0円です。

一方、年収が130万円の場合の所得は65万円です。基礎控除38万円だと27万円の所得が発生しますが、イデコの掛金が27万円あるので所得、税金が0円になります。

[st-kaiwar 1]年収130万円に対する所得を、イデコと基礎控除の合計で0円になってる感じだよ。[/st-kaiwa1]

基礎控除

他の所得控除とは違い一定の要件に関係なく、一律に適用される控除のこと

所得

利益と同じようなもの

 

保育料に影響する

年収103万円と130万円の違いは税金だけでなく、保育料にも影響があります。

保育料は自治体によって違いがありますが、所得によって保育料の金額が変わります。

所得の階層毎に保育料が設定されてあり、保育料の階層を求めるには住民税の所得割額が基となります。

課税所得が少ない方が、保育料は低くなるかもしれないよ。年収130万円でも、イデコの掛金があれば103万円と同じ所得割額になるよ。

課税所得

税金を計算するもととなる金額

老後の資金を自分で確保できる

イデコは原則60歳まで引き出すことができません。老後のために貯金が苦手な方は、イデコでほぼ強制的に老後の資金を確保することができます。

イデコの商品は定期預金や保険、投資信託があって、運用して得た利益に対して税金が発生しません。これがイデコの税制優遇の2つ目です。

イデコで運用するとどうなるか後でシミュレーションをします。

主婦がイデコに加入するデメリット

パート主婦がイデコに加入するデメリット

イデコは税制優遇がありメリットが多い印象ですが、デメリットもあります。

デメリットで抵抗を感じる場合は、無理にイデコに加入するのをオススメしません。メリットと同様に主に3つ確認しましょう。

メモ

・103万円を超えないと所得税に影響はない

・原則60歳まで引き出しできない

・イデコの掛金は必ず増えるわけではない

103万円を超えないと所得税に影響はない

イデコの税制優遇1つ目の「掛金が全額所得控除」ですが、このメリットは所得が発生していなかったらメリットに感じません。

年収が103万円以下の場合、イデコの有無に関係なく所得税が発生しないので注意しましょう。

原則60歳まで引き出しできない

イデコは原則60歳まで引き出しがないので、急に資金が必要になった時に困ります。

イデコの掛金は余剰資金や老後の資金にしましょう。イデコは毎月5,000円から積み立てができるので、無理のない範囲で積み立てすることをオススメします。

イデコの掛金は必ず増えるわけではない

イデコの掛金は預金や保険、投資信託の3種類の商品を選んで運用します。

商品によって元本保証型と元本変動型があるので、両方の特徴を理解して選択しましょう。

  メリット デメリット
元本保証型

・満期時の元本と利息が確保される

・掛金が全額所得控除

・金利が低いので手数料を引かれると元本割れになる(手数料の金額が重要)

・運用益が非課税になる税制優遇を受けられない

元本変動型

・資産が増えた時の運用益が非課税

・掛金が全額所得控除

・元本が保証されていない
元本保証型と元本変動型のメリットとデメリットを簡単にまとめると上のような感じになるよ。

\今ならweb受講料の1,000円が無料/

お金の教養講座

知識があればお金の不安が解消

年収130万円のパート主婦がイデコに加入した場合のシミュレーション

130万の主婦にイデコのシミュレーション

イデコの税制優遇は「支出時に掛金が所得控除」「運用時に運用益が非課税」「受取時に一定額まで非課税」の3つです。せっかくなので、この3つの税制優遇をフル活用した場合のシミュレーションをします。

計算を簡素化するために雇用保険は計算していません。

年齢 30歳
年収 130万円
配偶者 有り(共働き)
こども 1人
社会保険 なし
退職金制度 なし

毎年の所得税と住民税

税制優遇の1つ目「支出時に掛金が所得控除」です。掛金によって、節税金額に違いがあります。

単位:円

  イデコなし 年間60,000円 年間144,000円 年間276,000円
所得税 13,700 10,700 6,400 0
住民税 37,000 31,000 22,600 9,400
合計 50,700 41,700 29,000 9,400
節税金額 9,000 21,700 41,300

60歳までの節税金額

この表は60歳まで、所得控除を受けた場合の節税金額の合計です。

単位:円

イデコに加入した年齢 年間60,000円 年間144,000円 年間276,000円
20歳 360,000 868,000 1,652,000
25歳 315,000 759,500 1,445,500
30歳 270,000 651,000 1,239,000
35歳 225,000 542,500 1,032,500
40歳 180,000 434,000 826,000
45歳 135,000 325,500 619,500
50歳 90,000 217,000 413,000

60歳になった時の節税金額と運用益

税制優遇の2つ目「運用時に運用益が非課税」です。30歳のパート主婦なので、運用期間は60歳までの30年間です。

イデコの最低掛金の月5,000円、年間60,000円の場合だとこうなるよ。

単位:円

イデコの掛金が年間60,000円(月5,000円)の場合
運用利率 1% 3% 5%
30年間の掛金総額 1,800,000
期待運用益 287,100 1,054,500 2,186,340
節税金額 270,000
合計 2,360,100 3,127,500 4,259,340
イデコをしていない場合との差額(期待運用益+節税金額) 557,100 1,324,500 2,456,340
公務員の上限の月12,000円、年間144,000円の場合だとこうなるよ。

単位:円

イデコの掛金が年間144,000円(月12,000円)の場合
運用利率 1% 3% 5%
30年間の掛金総額 4,320,000
期待運用益 689,040 2,530,800 5,247,216
節税金額 651,000
合計 5,663,040 7,504,800 10,221,216
イデコをしていない場合との差額(期待運用益+節税金額) 1,340,040 3,181,800 5,898,216
会社員の上限の月23,000円、年間276,000円の場合だとこうなるよ。

単位:円

イデコの掛金が年間276,000円(月23,000円)の場合
運用利率 1% 3% 5%
30年間の掛金総額 8,280,000
期待運用益 1,320,660 4,850,700 10,057,164
節税金額 1,239,000
合計 10,851,660 14,381,700 19,558,164
イデコをしていない場合との差額(期待運用益+節税金額) 2,559,660 6,089,700 11,296,164

60歳で受け取った場合の税金

税制優遇の3つ目「受取時に一定額まで非課税」です。受け取った時の税金で元本割れしたら意味がないですからね。

イデコの受取は一括で受け取る方法と、年金で受け取る方法があります。今回は一括で受け取る方法でシミュレーションしてみます。

単位:円

掛金 利率 掛金+運用益 税金 手取り金額

年間60,000円

(月5,000円)

1% 2,087,100 0 2,087,100
3% 2,854,500 0 2,854,500
5% 3,986,340 0 3,986,340

年間144,000円

(月12,000円)

1% 5,009,040 0 5,009,040
3% 6,850,800 0 6,850,800
5% 9,567,216 0 9,567,216

年間276,000円

(月23,000円)

1% 9,600,660 0 9,600,660
3% 13,130,700 0 13,130,700
5% 18,137,164 236,746 17,900,418

30年間積み立てて一括で受け取った場合は、1,500万円まで税金がかかりません。他に退職金がある場合は税金の金額が違うので注意してください。

パート主婦のイデコのまとめ

今回年収130万円のパート主婦の方でシミュレーションをしました。もし今あなたが130万円を目安に働いている場合、その理由は何ですか?

103万円ではなく、130万円まで働く理由が老後の資金確保であれば、私なら貯金ではなく一部をイデコで運用します。

何度も言いますが、イデコは原則60歳まで引き出しができないので、掛金は余剰資金をオススメします。

今回のシミュレーションでは運用利率を1%、3%、5%に区分しましたが運用利率が高くなればリスクも高くなります。投資で大事なことは「得することよりも損をしないこと」です。

 

イデコに興味があり、すぐに加入したい気持ちはわかりますがホントに今のまま加入しても大丈夫ですか?

イデコに加入する時に「どの証券会社にしたらよいのか?」「どの商品を選んだらいいのか?」などで悩むことが多いです。

調べたらあなたが知りたい情報は探すことができますが「これでいいのだろうか」と不安が残るのではないでしょうか。

イデコは税金対策になりますが節税金額以上に支払い金額が増えるので、将来を考えた運用が必要です。

お金の勉強をして老後の不安をなくしたい、今のままで無理なく貯金ができないだろうかと悩みを抱えたままでは不安です。

そんな不安を解消した、何から始めたらいいかわからない方はお金の教養講座がオススメです。

今では給料以外に収入が増えています。投資する前に受けてればよかったです。

\今ならweb受講料の1,000円が無料/

お金の教養講座

知識があればお金の不安が解消

あわせて読みたい

お金を「増やす」「貯める」「守る」!!!


増やすぞ収入
主婦にオススメの副業5つ!税金・扶養を意識して体験談から選択

税金・扶養、主婦の悩みに注目してるよ。


カンタン節約
パート主婦の節約方法!収入を増やさなくても扶養内でできるやりくり

これならカンタンにすぐできそう。


気になる税金
副業してるパート主婦の税金対策!アフィリエイト収入をさらに増やす

税金を減らしながら収入が増やせる。


\この記事はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ひで

ひで

初めまして!ブログ運営者のひでです。 「このままでは生活が苦しくなる」と思い、子供が産まれたことをきっかけに副業を始める!サラリーマンを頑張っても収入が増えないことに気付き、お金の勉強と自動収入の仕組みづくりをスタート! なんとか不動産収入をゲットし、現在は住宅ローンを副業収入で支払っています。

-イデコ(iDeCo)

© 2020 サブタックス