税金対策

主婦にもできる5つの税金対策

税金対策

2020/11/28

主婦にもできる5つの税金対策の方法を税金のプロが徹底解説

主婦には税金対策がないと諦めていませんか?そんなことはありません。 主婦でも税金対策はできます。   年末調整や確定申告をしていると「もったいないなー、こうしたら税金少なくなるのに」と感じます。   今回は税理士事務所勤務10年以上の私が、カンタンにできる主婦の税金対策を5つご紹介します。 生命保険・イデコは年末調整の時にできるけど、医療費・不動産投資は確定申告が必要になるよ。 ふるさと納税は、年末調整も確定申告も不要な制度があるよ。 内容 難易度 今すぐはじめる もっと詳しく知りたい ...

サラリーマン副業の税金対策にマンション経営がオススメされる理由

税金対策

2020/11/26

サラリーマン副業の税金対策にマンション経営がオススメされる理由

「生活を楽にするために副業を始めて稼ぐことができた」でも収入が増えると税金の支払いも増えます。 サラリーマンの税金対策と言えば、ふるさと納税・iDeCoが一般的ですが、マンション経営も税金対策に有効です。   マンション経営が税金対策になるの?収入が増えたらもっと税金増えるんじゃないの? 一般的には収入が増えたら税金が増えるよ。でもマンション経営は経費が大きいから税金対策になるんだ。 マンション経営が赤字になるってこと?赤字だったらお金減っちゃうじゃん。 収入が増えて、さらに税金対策にもなるマン ...

副業してるパート主婦の税金対策!アフィリエイト収入をさらに増やす

税金対策

2020/11/26

副業してるパート主婦の税金対策!アフィリエイト収入をさらに増やす

ただいま準備中   してほしくない税金対策   パート主婦は医療費控除を使いやすい   ふるさと納税   パート主婦はイデコで税金対策   記事を外注して収入増   不動産投資は税金対策と自動収入   自動で稼げる仕組みづくり   副業してるパート主婦の税金対策のまとめ  

ふるさと納税は主婦もできる!注意すべき5つのポイント

税金対策

2020/11/26

ふるさと納税は主婦もできる!注意すべき5つのポイント

ふるさと納税を知っていますか?ふるさと納税は自己負担2,000円で特産品がもらえるため、人気です。 年齢や住所などの制限はなく、所得の金額によって自己負担2,000円の限度額が違います。一般的に所得が多い方が、寄付できる金額が増えます。 扶養の範囲内で働いている主婦はふるさと納税はできるのでしょうか?結論から言うと扶養の範囲内で働いている人でもふるさと納税は可能です。 しかし扶養の範囲内の場合、自己負担が2,000円にならないこともあります。 今回は主婦がふるさと納税をする場合の5つの注意点についてご紹介 ...

年収130万円のパート主婦がイデコに加入

税金対策

2020/11/26

パート主婦がイデコ(iDeCo)に加入!年収130万円で検証

パートでもイデコに加入する意味ってあるの? 意味あるよ。なんでそう思うの? イデコって税金対策でしょ?パートだと扶養の範囲内で働いてることが多く、税金対策は必要ないんじゃないの? イデコは税金対策以外にも、将来の貯蓄のために加入することができるんだ。それに最近は年収130万円を意識して働く人が増えてきたから、税金対策にもなるよ。 イデコ(iDeCo)は改正が行われ2017年1月から主婦(第3号被保険者)の方でもイデコに加入できるようになりました。   パート主婦の方は、扶養の範囲内の所得税が発生 ...

ふるさと納税の限度額に源泉徴収票を使う

税金対策

2020/11/28

ふるさと納税の限度額は源泉徴収票がなくても知ることができる

ふるさと納税をしたいけど、限度額がわからない。 そんな方のために税理士事務所勤務15年以上の私が、源泉徴収票を使った簡単なシミュレーション方法をご紹介します。   この記事では ・源泉徴収票を使ったふるさと納税の限度額 ・源泉徴収票がない時のふるさと納税の限度額 についてわかるよ。   ふるさと納税の限度額を正確に知るには、する年の源泉徴収票が必要になります。 令和2年の源泉徴収票はまだもらっていないので、収入にあまり違いがなければ令和元年の源泉徴収票を使って限度額のシミュレーションが ...

イデコの節税を年収400万シミュレーション

税金対策

2020/11/26

イデコ(iDeCo)の節税効果を年収400万円でシミュレーション

老後に2,000万円必要と言われ、イデコが注目を浴びています。イデコは個人型確定拠出年金の愛称で、自分で作る年金制度です。 節税効果もあり老後資金を作るのに有効だと言われていますが、どのくらい有効なのか気になるものです。 そこで年収400万円でシミュレーションをしてみました。   1年間のシミュレーション結果はこうなったよ。 スマホの時は横にスクロールしてね。 単位:円   イデコなし 年間60,000円 年間144,000円 年間276,000円 所得税 85,100 82,000 77,70 ...

税金対策

2020/11/26

副業はふるさと納税のワンストップ特例が使えない!対処法を解説

ふるさと納税は特産品だけでなく税金対策としても人気です。 年末になるにつれ「ふるさと納税ってお得なの?」と聞かれることが増えます。 ワンストップ特例をすると確定申告が不要になりますが、副業をしている人は注意が必要です。 副業してたらワンストップ特例は使えないよ。 ワンストップ特例を使えなかったらどうなるの? 自己負担が2,000円じゃなくなるよ。   「ワンストップ特例だから確定申告が不要」「副業は20万円以下だから申告は不要」と考えている人は注意が必要です。 ワンストップ特例は使えず、住民税は ...

副業はイデコで税金対策

税金対策

2020/11/26

副業×イデコ(iDeCo)が最高の組合せになる理由!保育料も影響

こんにちは。ひでです。 20万円以下の副業は申告不要だと言われていますが、申告が不要になるのは確定申告です。住民税の申告は必要になります。 20万円以下でも住民税は申告が必要なのか...。どうにかならないかな。 そこで登場するのが最近話題のイデコ(iDeCo)です。 私は「副業とイデコは最高の組合せ」になるんじゃないかと考えています。最高の理由は「住民税が増えずに、所得税が還付される」からです。 今回は副業×イデコ×保育料についてご紹介します。 今回の記事は、以下の記事を読んでおくとより詳しくわかります。 ...

扶養は103万、130万、150万どれが特か

税金対策

2020/11/26

103万、130万どっちが得か計算!手取りと扶養の違いを徹底解説

扶養の範囲内で働きたいけど、扶養の違いがわからない。扶養でよく聞く103万、130万はどっちが得なの? 150万もよく言われるから3つで比較してみるね。 103万、130万、150万についてどれが一番得になるか検証してみたら、130万円が一番手取りが多かったよ。 130万円?150万円じゃないの? 150万円だと社会保険料を自分で負担するから手取りが減るんだ。 だから社会保険料の負担がない130万円の方が、150万円の時よりも25,000円くらい手取りが多いよ。 年収 手取り額 103万円 1,020,0 ...

© 2020 サブタックス