節約

20代一人暮らし社会人の洋服代は?おしゃれな人の節約方法

社会人になると学生時代と違ってお金の自由が利きます。学校の合間にできるアルバイトなどとは違い、お金を稼ぐために働くので一ヶ月に使えるお金も多くなります。

ただし社会人として働き始めると、同時に一人暮らしを始める方が増えます。

生活費などがかかるので、稼いだお金全てが自由に使えるわけではありません。

 

働き始めると私服だけでなく、仕事服が必要になってきます。では20代社会人の一ヶ月の洋服代はいくらぐらいでしょうか?

結論からいくと男性は月4千円、女性は月7千円ほどです。

月7,000円でも工夫したらおしゃれできるよ。

「できる限り洋服代を節約する方法が知りたい」そんな方に、20代一人暮らしの女性の洋服代と節約方法をご紹介します。

具体的な節約方法はプチプラブランドを買ったり、ファッションレンタルを利用する方法です。

それでは順番に確認しましょう。

 

「おしゃれな人に憧れる」「何を着たらいいかわからない」人は、こちらの記事を参考にして下さい。

20代社会人の洋服代は?

服を選んでいる20代一人暮らし女性

年収によって違いますが、総務省が実践した家計調査では、総世帯で月の洋服代にかける値段は平均一万円となっています。

ただし世帯での計算であり、多くは一世帯2~3人となっているので、子どもや老人など20代以外の統計も含まれています。

20代の単身世代であると、男性は月4千円、女性は月7千円となっています。

参考:平成29年家計調査報告(総務省)

普段洋服にお金をかけるのは、やはり女性の方が少し多いです。服を2、3着購入すると7千円を超えてしまいます。

もっと色々な服を着たいよ。

オシャレな人が多いけど色々工夫してるんだろうな。

職場用とプライベート用の服は分けるの?

仕事とプライベートの服に悩む女性

制服で仕事をしている方も多いですが、今回は私服でも仕事が大丈夫な場合についてご紹介します。

比較的オシャレに気を配っている女性は、服を変える人が多いです。さらにオンとオフを分けたい人も変えています。

 

例えば普段可愛らしい服を好んで着ていても、仕事場だとオフィスカジュアルでシンプルなパンツスタイルのデザインを着たりもします。

コートなども普段と仕事場では違うものを着る人も多いです。

プライベートは派手なもの、しかし職場ではガラリと印象の違うものを着る人もいます。

これらはその人たちの美意識や、仕事への気持ちなどによって変わってきます。服だけでなく、メイクの仕方も変える人もいます。

洋服代を節約する方法

洋服代を節約する女性

1年間で考えると20代の女性は洋服代に約84,000円かかっています。

「洋服代を少しでも節約したい」「あまりお金をかけないでオシャレをしたい」と考えたくなります。

そんな方に洋服代を節約する「プチブランドを買う」「流行りの服を買わない」「試着する」「ファッションレンタルを利用する」の4つの方法をご紹介します。

プチプラブランドを買う

プチプラブランドはあまり聞き慣れない言葉かもしれませが、カンタンに言うとGUやユニクロなどの安く購入できておしゃれを楽しめるお店のことです。

「プチプライス(小さい価格)」の略で手ごろに洋服を購入できる、女性に人気の高いお店です。

シックなデザインも多く、もちろん男性にも良い商品がたくさんあります。

ただこちらは安く購入できる分、ワンシーズンしか持たなかったり洗濯するとへたってしまったりすることもあります。

扱い方や買い替えが大変になってしまうデメリットも潜んでいます。

2,000円以下、3,000円以下で買えるオシャレな服もあります。

かわいいプチプラ2,000円、3,000円以下の人気急上昇ITEM

流行りの服を買わない

流行りの服というと値段が高いものが多くなってしまう上に、流行りに合わせた色使いの服を追いかけていると流行りが変わる度に服を買い替えなくてはいけなくなりません。

流行りの変化に合わせて服を購入すると、出費が増えてしまいます。

流行りが変わって着なくなった服もあるよ...。

しかし欲しいのに全く買わないとなってしまうとストレスが溜まり、突然大量の流行りの服を買ってしまう可能性があります。

お財布が大ピンチ…なんてことにもなりかねないので、限度を調整しながらにしてみてください。

洋服代を節約するためには、自分に合った色を見つけておくのもひとつの手です。

試着する

試着は洋服を買う上で重要なことです。

例えばパッと見た感じ丁度よいサイズかな?と感じても、実際に着てみましょう。

着てみると肩がきつかったり、腕周りがタイトな造りになっていたりして着づらいな…と感じてしまうことが多々あります。

買ったは良いけれど着づらくて押し入れやクローゼットに仕舞ったまま…なんてものが増えてしまうと良くないですよね。

無駄遣いにもつながってしまいます。

あの服買ってから一度も着てなかった。

 

最近はネットで服の購入をする人が増えています。コートなどのサイズが若干違っても、何とか着れるものはネット購入が便利です。

ネットは実店舗よりも安く買えたりするメリットがあります。

しかし試着をする事ができないので、ネットで購入する場合は実店舗にて試着をしてからネットで購入するとサイズ間違えなどがなくなります。

お店からすると迷惑になるので控えましょう。

ファッションレンタルを利用する

ファッションレンタルは最近CMなどでも見かける流行りのツールです。服をレンタルするって少しビックリしますよね。

ですが、こちらは様々なおしゃれな服をレンタルして着ることができるため、月に何万も洋服にお金をかけてしまうようなオシャレさんには有難いです。

月7,000円でこんなにオシャレな服が着れるなんて。

 

ファッションレンタルのデメリットは、いろんな人がレンタルして着たものであるため、潔癖症な人などは向いていません。

そう言ったことが気にならない人は、手入れもなく楽に着ることができるため使ってみてはいかがでしょうか。

人気の高いところでは、エアークローゼット【Rcawaii】、エディストクローゼットなどがあります。

借り放題プランなどもあるので、チェックしてみてくださいね。

一人暮らし社会人の洋服代のまとめ

一人暮らしを始めると毎日の食費や家賃、水道光熱費などの出費が増えます。

仕事で収入が増えますが、その分支払いが増えるので少しでも節約をしたくなります。

プチブランドの購入や試着など、少し工夫をすると洋服代は節約できます。職場に着ていく服も毎日同じものでは、飽きてしまいます。

だからと言って沢山服を買うのは難しいです。

洋服の節約、オシャレな服を安く着たい場合はファッションレンタルを利用するのも1つの選択です。

毎月定額で利用できるため「服を買いすぎて今月はピンチ」なんてことなく、オシャレを楽しめます。

 

「仕事や子育てが忙しい」「何を着たらいいかわからない」と悩んでいる人は以下の記事を参考にして下さい。

自宅にいながらプロのスタイリストがコーデした服を買う方法がわかります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ひで

ひで

初めまして!ブログ運営者のひでです。

税理士事務所経験10年以上、税理士試験 簿記論・建設経理士1級などの資格を取得し、複数メディアで税金ライターとして活動しています。

働き方改革で徐々に副業が解禁されています。副業で稼ぐことも大事ですが、それと同時に税金について知ることも大切です。知らないだけで税金を多く支払っている人はいます。

このブログでは主に主婦のための節税、副業で稼ぐためのコンテンツなどをまとめています。

人気記事

主婦にもできる5つの税金対策 1

主婦には税金対策がないと諦めていませんか?そんなことはありません。 主婦でも税金対策はできます。   年末調整や確定申告をしていると「もったいないなー、こうしたら税金少なくなるのに」と感じま ...

主婦にオススメの副業5つ!税金・扶養を意識して体験談から選択 2

Twitterやインスタ、ピンタレストなどネット上では副業で稼いでいる主婦の人が多いです。 中には1ヶ月に100万円超えなんて人もいます。ここまで稼げたらパート辞めていいですよね。 私も稼ぎたいけどそ ...

【ピンタレスト✖️ブログ】45日でブログ流入を6倍以上にした方法 3

みごとにグーグルアップデートの恩恵を受けてPVを激減させることに成功しました。(まったく嬉しくありません) 「せっかく頑張って上位表示したのに」「ブログ辞めようかな」と感じた方も多いはずです。 これか ...

年収130万円のパート主婦がイデコに加入 4

パートでもイデコに加入する意味ってあるの? 意味あるよ。なんでそう思うの? イデコって税金対策でしょ?パートだと扶養の範囲内で働いてることが多く、税金対策は必要ないんじゃないの? イデコは税金対策以外 ...

扶養は103万、130万、150万どれが特か 5

扶養の範囲内で働きたいけど、扶養の違いがわからない。扶養でよく聞く103万、130万はどっちが得なの? 150万もよく言われるから3つで比較してみるね。 103万、130万、150万についてどれが一番 ...

-節約

© 2020 サブタックス