節約

おしゃれな人の服代の節約方法5つ!20代は月7000円が平均

おしゃれな人の服代の節約方法5つ!
あの人いつもおしゃれだなー、どうやって服代を節約してるんだろう...。

おしゃれな人は服代を節約してるのかな...。

おしゃれな人って憧れますよね。

給料のほとんどが服代になってるのでは、と勝手に想像してしまいます。

でも実はそうではありません。

今回はおしゃれな知人に聞いた、服代の節約方法を5つご紹介します。

節約方法

・ファッションレンタルを利用する

・セールを利用する

・プチプラブランドを買う

・流行りの服を買わない

・試着する

おしゃれな人が洋服代を節約する5つの方法

洋服代を節約する女性

ここでは洋服代を節約する「ファッションレンタルを利用する」「セールを利用する」「プチブランドを買う」「流行りの服を買わない」「試着する」の5つの方法をご紹介します。

服代を節約する方法①:ファッションレンタルを利用する

ファッションレンタルは最近CMなどでも見かける流行りのツールです。

服をレンタルするって少しビックリしますよね。

ですが、こちらは様々なおしゃれな服をレンタルして着ることができるため、月に何万も洋服にお金をかけてしまうようなオシャレさんには有難いです。

ファッションレンタルのデメリットは、いろんな人がレンタルして着たものであるため、潔癖症な人などは向いていません。

そう言ったことが気にならない人は、手入れもなく楽に着ることができるため使ってみてはいかがでしょうか。

人気の高いところでは、エアークローゼット【Rcawaii】、エディストクローゼットなどがあります。

服代を節約する方法②:セールを利用する

普段は少し高くて買えない服もセールの時には安く手にいれることができます。

店頭だとブラックフライデーや年末バーゲン、季節の変わり目などにセールがよく行われています。

ネットでは店頭にはない目玉商品のセールがあるので、好きなブランドはチェックしておくと良いです。

服代を節約する方法③:プチプラブランドを買う

プチプラブランドはあまり聞き慣れない言葉かもしれませが、カンタンに言うとGUやユニクロなどの安く購入できておしゃれを楽しめるお店のことです。

「プチプライス(小さい価格)」の略で手ごろに洋服を購入できる、女性に人気の高いお店です。

シックなデザインも多く、もちろん男性にも良い商品がたくさんあります。

ただこちらは安く購入できる分、ワンシーズンしか持たなかったり洗濯するとへたってしまったりすることもあります。

扱い方や買い替えが大変になってしまうデメリットも潜んでいます。

服代を節約する方法④:流行りの服を買わない

流行りの服というと値段が高いものが多くなってしまう上に、流行りに合わせた色使いの服を追いかけていると流行りが変わる度に服を買い替えなくてはいけなくなりません。

流行りの変化に合わせて服を購入すると、出費が増えてしまいます。

流行りが変わって着なくなった服もあるよ...。

しかし欲しいのに全く買わないとなってしまうとストレスが溜まり、突然大量の流行りの服を買ってしまう可能性があります。

お財布が大ピンチ…なんてことにもなりかねないので、限度を調整しながらにしてみてください。

洋服代を節約するためには、自分に合った色を見つけておくといいよ。

服代を節約する方法⑤:試着する

試着は洋服を買う上で重要なことです。

例えばパッと見た感じ丁度よいサイズかな?と感じても、実際に着てみましょう。

着てみると肩がきつかったり、腕周りがタイトな造りになっていたりして着づらいな…と感じてしまうことが多々あります。

買ったは良いけれど着づらくて押し入れやクローゼットに仕舞ったまま…なんてものが増えてしまうと良くないですよね。

無駄遣いにもつながってしまいます。

あの服買ってから一度も着てなかった。

最近はネットで服の購入をする人が増えています。

コートなどのサイズが若干違っても、何とか着れるものはネット購入が便利です。

ネットは実店舗よりも安く買えたりするメリットがあります。

しかし試着をする事ができないので、ネットで購入する場合は実店舗にて試着をしてからネットで購入するとサイズ間違えなどがなくなります。

お店からすると迷惑になることもあるので控えましょう。

20代社会人の洋服代は月7,000円が平均

服を選んでいる20代一人暮らし女性

年収によって違いますが、総務省が実践した家計調査では、総世帯で月の洋服代にかける値段は平均一万円です。

ただし世帯での計算であり、多くは一世帯2~3人となっているので、子どもや老人など20代以外の統計も含まれています。

20代の単身世代であると、男性は月4千円、女性は月7千円です。

服を2、3着購入すると7千円を超えてしまいます。

もっと色々な服でおしゃれしたいですよね。

おしゃれな人は職場用とプライベート用の服は分けるの?

仕事とプライベートの服に悩む女性

制服で仕事をしている人も多いですが、今回は私服でも仕事が大丈夫な場合についてご紹介します。

比較的オシャレに気を配っている女性は、服を変える人が多いです

さらにオンとオフを分けたい人も変えています。

例えば普段可愛らしい服を好んで着ていても、仕事場だとオフィスカジュアルでシンプルなパンツスタイルのデザインを着たりもします。

コートも普段と仕事場で変えてるよ。

プライベートは派手なもの、しかし職場ではガラリと印象の違うものを着る人もいます。

これらはその人たちの美意識や、仕事への気持ちなどによって変わってきます。

おしゃれな人の服代のまとめ

プチブランドの購入や試着など、少し工夫をすると洋服代は節約できます。

職場に着ていく服も毎日同じものでは、飽きてしまいます。

だからと言って沢山服を買うのは難しいです。

今回は服代の節約方法「ファッションレンタルを利用する」「セールを利用する」「プチブランドを買う」「流行りの服を買わない」「試着する」を5つご紹介しました。

自分にあった方法でおしゃれを楽しんではいかがでしょうか。

節約には限界があります。

しかし収入が増えると我慢をせずにおしゃれな服を買ったり、旅行に行ったりできます。

節約が苦手な人は、副業で収入を増やしてみましょう。

実際に月6桁稼げている副業だよ。
あの人いつもおしゃれだなー、どうやって服代を節約してるんだろう...。

おしゃれな人は服代を節約してるのかな...。

おしゃれな人って憧れますよね。

給料のほとんどが服代になってるのでは、と勝手に想像してしまいます。

 

でも実はそうではありません。

今回はおしゃれな知人に聞いた、服代の節約方法を5つご紹介します。

節約方法

・ファッションレンタルを利用する

・セールを利用する

・プチプラブランドを買う

・流行りの服を買わない

・試着する

おしゃれな人が洋服代を節約する5つの方法

洋服代を節約する女性

ここでは洋服代を節約する「ファッションレンタルを利用する」「セールを利用する」「プチブランドを買う」「流行りの服を買わない」「試着する」の5つの方法をご紹介します。

 

服代を節約する方法①:ファッションレンタルを利用する

ファッションレンタルは最近CMなどでも見かける流行りのツールです。

服をレンタルするって少しビックリしますよね。

ですが、こちらは様々なおしゃれな服をレンタルして着ることができるため、月に何万も洋服にお金をかけてしまうようなオシャレさんには有難いです。

 

ファッションレンタルのデメリットは、いろんな人がレンタルして着たものであるため、潔癖症な人などは向いていません。

そう言ったことが気にならない人は、手入れもなく楽に着ることができるため使ってみてはいかがでしょうか。

 

人気の高いところでは、エアークローゼット【Rcawaii】、エディストクローゼットなどがあります。

 

服代を節約する方法②:セールを利用する

普段は少し高くて買えない服もセールの時には安く手にいれることができます。

店頭だとブラックフライデーや年末バーゲン、季節の変わり目などにセールがよく行われています。

ネットでは店頭にはない目玉商品のセールがあるので、好きなブランドはチェックしておくと良いです。

 

服代を節約する方法③:プチプラブランドを買う

プチプラブランドはあまり聞き慣れない言葉かもしれませが、カンタンに言うとGUやユニクロなどの安く購入できておしゃれを楽しめるお店のことです。

 

「プチプライス(小さい価格)」の略で手ごろに洋服を購入できる、女性に人気の高いお店です。

シックなデザインも多く、もちろん男性にも良い商品がたくさんあります。

 

ただこちらは安く購入できる分、ワンシーズンしか持たなかったり洗濯するとへたってしまったりすることもあります。

扱い方や買い替えが大変になってしまうデメリットも潜んでいます。

 

服代を節約する方法④:流行りの服を買わない

流行りの服というと値段が高いものが多くなってしまう上に、流行りに合わせた色使いの服を追いかけていると流行りが変わる度に服を買い替えなくてはいけなくなりません。

 

流行りの変化に合わせて服を購入すると、出費が増えてしまいます。

流行りが変わって着なくなった服もあるよ...。

 

しかし欲しいのに全く買わないとなってしまうとストレスが溜まり、突然大量の流行りの服を買ってしまう可能性があります。

お財布が大ピンチ…なんてことにもなりかねないので、限度を調整しながらにしてみてください。

洋服代を節約するためには、自分に合った色を見つけておくといいよ。

 

服代を節約する方法⑤:試着する

試着は洋服を買う上で重要なことです。

例えばパッと見た感じ丁度よいサイズかな?と感じても、実際に着てみましょう。

 

着てみると肩がきつかったり、腕周りがタイトな造りになっていたりして着づらいな…と感じてしまうことが多々あります。

買ったは良いけれど着づらくて押し入れやクローゼットに仕舞ったまま…なんてものが増えてしまうと良くないですよね。

無駄遣いにもつながってしまいます。

あの服買ってから一度も着てなかった。

 

最近はネットで服の購入をする人が増えています。

コートなどのサイズが若干違っても、何とか着れるものはネット購入が便利です。

ネットは実店舗よりも安く買えたりするメリットがあります。

 

しかし試着をする事ができないので、ネットで購入する場合は実店舗にて試着をしてからネットで購入するとサイズ間違えなどがなくなります。

お店からすると迷惑になることもあるので控えましょう。

 

20代社会人の洋服代は月7,000円が平均

服を選んでいる20代一人暮らし女性

年収によって違いますが、総務省が実践した家計調査では、総世帯で月の洋服代にかける値段は平均一万円です。

ただし世帯での計算であり、多くは一世帯2~3人となっているので、子どもや老人など20代以外の統計も含まれています。

20代の単身世代であると、男性は月4千円、女性は月7千円です。

 

服を2、3着購入すると7千円を超えてしまいます。

もっと色々な服でおしゃれしたいですよね。

おしゃれな人は職場用とプライベート用の服は分けるの?

仕事とプライベートの服に悩む女性

制服で仕事をしている人も多いですが、今回は私服でも仕事が大丈夫な場合についてご紹介します。

比較的オシャレに気を配っている女性は、服を変える人が多いです

さらにオンとオフを分けたい人も変えています。

 

例えば普段可愛らしい服を好んで着ていても、仕事場だとオフィスカジュアルでシンプルなパンツスタイルのデザインを着たりもします。

 

コートも普段と仕事場で変えてるよ。

プライベートは派手なもの、しかし職場ではガラリと印象の違うものを着る人もいます。

これらはその人たちの美意識や、仕事への気持ちなどによって変わってきます。

おしゃれな人の服代のまとめ

プチブランドの購入や試着など、少し工夫をすると洋服代は節約できます。

職場に着ていく服も毎日同じものでは、飽きてしまいます。

だからと言って沢山服を買うのは難しいです。

 

今回は服代の節約方法「ファッションレンタルを利用する」「セールを利用する」「プチブランドを買う」「流行りの服を買わない」「試着する」を5つご紹介しました。

自分にあった方法でおしゃれを楽しんではいかがでしょうか。

 

服代は節約をしたくないけど「税金が高い」と感じたことはないですか?

税金対策をすることで、税金を減らすことができます。

こちらもCHECK

主婦にもできる5つの税金対策
パート主婦の税金対策!5つの方法をわかりやすく解説

パート主婦の税金対策ってあるのかな...。 税金対策すると、どのくらい税金が減るんだろう...。 こんな疑問を感じたことはありませんか?   結論から言うと、パート主婦にできる税金対策はあります。 実 ...

続きを見る

税金が減ったお金で、おしゃれな服を購入できるよ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひで

税理士事務所経験15年以上。

副業ブロガー兼税金・不動産webライター。

マイホーム2回引っ越し。

このブログでは税金や副業、マイホームについて発信しています。

 

保有資格:税理士試験 簿記論・建設経理士1級など

人気記事

税理士の選び方5つ!副業でも必要?失敗しないための1つのポイント 1

税理士ってどうやって選んだらいいんだろう。 副業なのに税理士に依頼する必要あるのかな...。 税理士の選び方に失敗しないためにはどうしたらいいんだろう...。 こんな悩みを感じたことはないでしょうか。 ...

建売と注文住宅どっちがいい?どっちも経験したメリット・デメリット 2

建売と注文住宅ってどっちがいいの? 建売と注文住宅どっちも経験した私が解説します。   建売に5年住んだ後、引っ越して注文住宅に1年住んで感じることは「注文住宅にしてよかった」です。 マイホ ...

3

建売は恥ずかしいの?実際に住んで後悔しないのかな? こんな悩みに実際、建売に住んだ経験のある私が解説します。   建売は恥ずかしくありません。では恥ずかしいと感じたことないのか?と聞かれると ...

【ピンタレスト✖️ブログ】45日でブログ流入を6倍以上にした方法 4

みごとにグーグルアップデートの恩恵を受けてPVを激減させることに成功しました。(まったく嬉しくありません) 「せっかく頑張って上位表示したのに」「ブログ辞めようかな」と感じた方も多いはずです。 これか ...

年収130万円のパート主婦がイデコに加入 5

パート主婦がiDeCo(イデコ)に入るメリットってあるのかな...。 年収130万円でiDeCo(イデコ)に入るとどうなるんだろ...。 こんな疑問を感じていませんか。 「将来が不安なので今から貯金を ...

-節約