建売住宅

建売に後悔したので引っ越したい。失敗する前に考えること

2021年11月7日

建売に後悔したので引っ越したい。失敗する前に考えること
建売に後悔したけど、引っ越しできるのかな?

住宅ローンが残ってる場合、引っ越すとどうなるんだろう?

このような悩みを抱えていませんか?

 

建売は注文住宅よりもリーズナブルな価格での販売や立地がいい場合が多く、購入される方は多いいです。

しかし、実際に購入したあとに後悔する方もたくさんいます。

そこで、今回は建売を購入したものの後悔しているという方に、引っ越す前に確認することをご紹介します。

「購入した建売に後悔ばかりしている」という、今の状況が少しでも解決に参考になれば嬉しいです。

建売に後悔して引っ越す前に確認すること

後悔した建売を引っ越す前のチェックリスト

建売に後悔して引っ越したいと強く感じても、すぐに引っ越すのはやめましょう。

引っ越しを決める前に確認しないと、余計に後悔する可能性があります。

ここでは、引っ越す前に確認することをご紹介します。

 

引っ越しを決意するほどの後悔なのか?

引っ越しは生活環境が変わり、お金もかかるので引っ越しを決意するほどの後悔なのか確認してみましょう。

建売の後悔は、以下が考えられます。

建売の後悔

・近隣住民とのトラブル
・騒音
・住宅ローンの返済
・間取り
・立地
・転勤
・離婚
・親との同居

 

一度嫌になってしまうとダメなところばかりが気になってしまうのは、人間関係でも家でも一緒です。

 

いいところを探してみる

「近隣住民とは合わないけど、立地がいい」「周りの音がうるさいけど、駅が近い」「間取りは使いにくいけど、日当たりがいい」など見方を変えれば、いい部分も見つかるはずです。

 

可能な限り変えてみる

間取りや収納が気に入らない場合は、自分の使いやすいようにリノーベーションやDIYなどすることで、 少しでも解決できるかもしれません。

こちらもCHECK

建売の後悔をブログで赤裸々に告白します。

続きを見る

 

お金の悩みは相談

お金に関することであれば、銀行で住宅ローンに関する相談をしてみることです。

金利や月々の返済額、返済期間の見直しボーナス払いの中止など、今の最善策をとることが重要になります。

それでも解決しない場合や転勤・離婚などが原因の場合は、やはり解決が難しく引越し・住み替えという選択肢がでてきます。

 

お金が足りないと感じる理由は、借りられる金額と返済できる金額に違いがあるからです。

こちらもCHECK

新築を建てた後にお金が足りなくなった理由と足りない場合の対策方法

続きを見る

お金の悩みが解決。

 

今住んでいる建売の売却価格の把握

解決が難しく「やはり引越しをしたい」という場合は、今住んでいる家の売却価格を把握しましょう。

売却価格が分かれば、ローンの返済計画や住み替えの計画が立てやすくなります。

 

家の売却価格を調べるには不動産のプロにお願いしましょう。

売却価格を知るだけでなくどのように売るのか、より高く売る為になど相談に乗ってくれます。

 

家の売却は初めての方でもプロにお願いすれば安心です。

不動産会社によって査定の仕方も違い金額も違ってきますので、依頼する際は一社に絞らず、 何社かにお願いするようにしましょう。

 

住宅ローンの残債額の確認

現在の売却価格が分かったら、住宅ローンの残債額を確認しましょう。

住宅ローンが残っている建売から引っ越す場合、ローンの完済、金融機関の抵当権の抹消が必要になります。

 

住宅ローンの残高は毎年10月頃に送られてくる残高証明書や借入時にもらった返済予定表で確認できます。

どちらもないという方は銀行で残高証明を発行してもらうことも可能ですが、その際は発行手数料がかかりますのでご注意ください。

 

住宅ローンの残債がある建売から引っ越す方法

住宅ローンの残債がある建売を引っ越すプラン

ここでは住宅ローンの残債がある建売から引っ越す方法をご紹介します。

 

売却しても足りないお金は手持ち資金で補填

売却しても住宅ローンの残債が多い場合は、足りない分を手持ち資金で補填する必要があります。

自分たちの預金で補填できるのが理想ですが、それができない場合は金融機関からの借入れ、または親・親族に貸してもらうなどの選択肢があります。

 

住み替えローンを利用する

自分たちでローンの残債分が払えない場合は「住み替えローン」を利用できます。

「住み替えローン」は今住んでいる建売の住宅ローンの残債分と新居を購入するための資金分を併せて借り入れできるローンのことです。

住み替えローンは通常のローンに残債分も上乗せされる為、高額な借り入れとなる場合が多いです。

高額な借り入れは通常よりも審査が厳しくなり、審査に通るのが難しくなる傾向がありますので注意しましょう。

 

建売を賃貸に出す

売却せず建売を賃貸として貸し出し、住宅ローンを払っていくという選択肢もあります。

その際はまず、金融機関に相談する必要があります。

 

住宅ローンはそこに住むことが前提となって優遇された金利が適用されていますので、 自分は住まずに第三者が住むことで住宅ローンの優遇金利が適用外になる場合が多いです。

また住宅ローン控除も使えなくなることや家賃収入として確定申告が必要になること、賃貸として貸し出すので、その物件の維持管理も行わなければなりません。

それでも高い家賃収入が見込めるのであれば、まずは金融機関に相談し賃貸として貸し出すことは可能なのか確認するのも選択肢の1つです。

 

建売の売却価格を知る方法

建売の売却価格

建売の売却価格をどうやって知るでしょうか?

ここでは無料でできる建売の売却価格を知る方法をご紹介します。

 

固定資産税評価額を0.7で割る

建物の価格は不動産会社に査定してもらうことになりますが、 土地の価格は固定資産税評価額÷0.7で算出可能です。

毎年春頃に送られてくる、固定資産税の通知書に「固定資産税評価額」が記載されています。

その固定資産税評価額を0.7で割ると、現在の時価の目安となります。

課税標準額ではなく「評価額」だよ。

 

後悔して引っ越したい建売を一括査定

固定資産税評価額を0.7で割る方法は、あくまで目安です。

立地条件や周辺の価格などによって売却価格は変化するため、正確に知るためには査定を依頼しましょう。

不動産会社によって売却価格に違いがあるため、査定を出すときは複数社に依頼すると良いです。

 

まとめ

建売に後悔して、引っ越したいと考える方は珍しくありません。

まずは、建売のいい所を探すリノーベーションやDIY、銀行に相談するなどで解決してはいかがでしょうか。

 

それでも引越ししたい場合、まず建売の売却価格と住宅ローンの残債の確認をすることが大切です。

売却価格によって手持ち資金か住み替えローン、賃貸に出すなど選択肢が変わってきます。

 

 

マイホーム計画中の女性

・理想のマイホームはあるけど、予算が足りなくて妥協しないといけないかも

・本当に住宅ローンを支払っていけるか心配

 

マイホーム購入後の男性

・住宅ローンの支払いがきつい

・住宅ローンの支払い日が近づくとお金が足りない不安に悩まされる

 

このようにお金に不安を感じる方は珍しくありません。

実際に私は内装設備や外構よりも、お金で後悔しました。

 

マイホームのお金に不安がある方は、次はこちらの記事を参考にしてください。

 

マイホームの気になるQ&A

-建売住宅