注文住宅の外装

注文住宅なのに建売みたい。ダサい外構にならないための方法

2021年10月22日

注文住宅なのに建売みたい。ダサい外構にならないための方法
注文住宅なのに建売みたい...。

注文住宅なのにダサい...。

こんなことを言われたい人はいません。

 

しかし何も考えずに注文住宅を建てると、建売みたいになってしまうかもしれません。

注文住宅なのに建売みたいになってしまうのは、建売でよく使われる部材やデザインなどを使ってしまうからです。

では、建売でよく使われる部材やデザインとは具体的になんでしょう。

そこで、今回は注文住宅なのに建売みたいとならないための対策などをご紹介します。

 

注文住宅なのに建売みたいに見える理由

建売に見える注文住宅建売でよく使われている部材や形を注文住宅に使うと、建売みたいに見えやすいです。

「マッチ箱みたいな総2階に、子どもの絵のような三角屋根、外壁は白っぽいサイディング、引き違い窓が1階と2階にふたつずつ同じように並んでいる」そんなイメージの家は注文住宅と建売、どちらを想像しましたか?

建売を想像した人もいるのではないでしょうか。

ここでは注文住宅なのに建売みたいに見える理由をご紹介します。

 

外壁が建売に似た万人受けするデザイン

家の外観は壁や窓、屋根などで構成されています。

そしてそれらの材質・色・形が建売住宅に使われている部材だったり、よく見かける色や形だったりすると、注文住宅なのに建売みたいに見えてしまうのです。

サイディングや引き違い窓は安価で性能も優れているので、建売でよく採用されています。

 

白っぽい外壁が多いのは、誰からも好まれる無難な色だからでしょう。

また、内装や間取りにはこだわりを持つ人が多いですが、予算は限られているので費用を抑えるために外観の部材を安価なものにした可能性があります。

それでも、植栽などがあれば印象はずいぶん変わるのですが、外構に手を付けていないと寂しい印象になってしまいます。

 

外構がさみしく安っぽく感じる

外構とは門、塀、駐車場、玄関へのアプローチ、植栽、照明等のことです。

家の印象は、建物本体の外観だけでなく、外構も含めた全体で決まります。

しかし間取りや内装にこだわりはあっても、外構についてはあまり意識していない人が多いのではないでしょうか。

 

とりあえず家を建て、外構は後で検討するという場合もあるでしょう。

簡素なフェンスだけだったり、植栽がなかったりすると、外観は安っぽい感じになってしまいます。

 

引き違い窓が多いい

窓には、引き違い窓、上げ下げ窓、すべり出し窓、倒し窓、開き窓、突き出し窓、はめ殺し窓など、たくさんの種類の窓があります。

引き違い窓は採光にすぐれ、他の窓と比べて安価で手入れもしやすいため、建売住宅でよく使われています。

そのため引き違い窓が多いと、建売っぽく見えてしまうのです。

 

注文住宅なのにダサいと思われないための対策

注文住宅なのにダサいと言われない外構

ここでは建売みたいでダサいと思われないための対策をご紹介します。

 

レンガやタイルなど周辺の家と被らないようにする

家を建てる予定の町を歩いて、どんな家があるか見てみましょう。

そうすれば町の雰囲気がわかります。

安価な外壁の家とグレードの高い外壁の家が隣り合って建っていると、外壁の質感の差がわかります。

町を歩いてみれば、ご近所と被らない外壁を選ぶことができます。

 

窓の配置や種類にこだわる

引き違い窓を減らして、別の種類の窓を検討してみましょう。

縦長の窓を3つ並べるなど、窓の形や大きさをそろえて配置すると統一感が出ます。

 

建物以外の外構に力を入れる

建売との差別化を図りたいのであれば、計画段階から建物本体だけでなく外構も合わせてデザインしたほうが、全体としての統一感が出せます。

そのため、外構の予算もはじめから確保しておくほうがよいです。

予算があまりない場合、技術を必要とする部分はプロにまかせて残りはガーデニングやDIYという手もあります。

 

シンボルツリーを一本植えるだけでも家の表情が変わりますし、フェンスやラティスなど、ホームセンターで調達できる部材もあります。

レンガを積んで花壇を造ったり、寄せ植えを置いたりするのもよいでしょう。

 

注文住宅の外構工事予算の目安

外構工事の予算の目安は住宅本体の10%程度と言われており、概ね100万~300万です。

下記はアイテムごとの目安です。

メモ

・門 門扉、門塀、ポスト、表札 15~30万

・玄関アプローチ 10~13万

・フェンス 40~60万

・ガレージ 50~100万

・植栽 5~10万

 

おしゃれな注文住宅に見える外構アイテム

外構工事は少し予算が...という場合、ちょっとした外構アイテムでおしゃれな注文住宅に変身できます。

 

ガーデンアーチでおしゃれなお庭

大型サイズのアーチはお庭をゴージャスにしてくれます。

新築の玄関アプローチにあるだけで、まわりと違って見えます。


 

 

ライトアップでおしゃれな屋外

ライトアップすると雰囲気がかわり、おしゃれ感がアップします。

 

ハウスメーカーにガーデンライトを注文できますが、結構高いです。

ハウスメーカーに値段を聞いたら1つ2万円ほどだったので、あきらめたよ。

でも、市販のライトは数千円で購入できます。


 

 

室外機カバーで見た目がスッキリ

室外機にカバーを取り付けると見た目がスッキリします。

室外機がないと、どこに室外機があるの?って感じで、生活感が減っておしゃれ。

 

 

まとめ

注文住宅なのに建売みたいと感じてしまうのは、建売でよく使われる部材やデザインと使っているからです。

窓の配置や種類にこだわったり、外構に力を入れることで注文住宅なのにダサいを言われなくなります。

外構工事は予算が増えますが、最初から外構工事に力を入れておくことで対策ができます。

 

でも少しでも予算を抑えたい場合は、外構アイテムでおしゃれにしてはいかがでしょう。

外構工事を少しでも抑えながら、おしゃれな注文住宅が楽しめます。

 

外構は業者によって多種多様、できる限り費用を安くするためには業者選びが大切です。

ハウスメーカーを通すと高くなるため、外構を別の業者に依頼する方が増えています。

一括見積もりサービスを利用すれば、複数社を比較できコストダウンにもつながります。

こちらの記事もよく読まれています

-注文住宅の外装