建売住宅

建売の和室はいる?いらない?3つの使い道と将来の対策を解説

2021年2月1日

建売の和室はいる?いらない?3つの使い道と将来の対策を解説

建売に和室っているの?いらない?

こんな悩みに和室のある建売から、和室のない家に引っ越した私が解説をします。

 

和室のない家に引っ越しする前は「やっぱり和室はあったほうが良いかな」と考えました。

でもよく考えてみると、和室があってもほとんど使っていないことに気づきました。

 

和室のない家に家に住んで数年経ちますが「和室がなくて困る」と感じたことはほぼありません。

そのため和室は「いらない」と感じています。

今回は和室の使い道、建売に和室がいらないと感じる理由についてご紹介します。

 

本当は注文住宅にしたいけど予算が理由で建売を選ぶ人は、ローコスト住宅がおすすめです。

家賃よりも安く新築の注文住宅が、購入できることもあります。

月々6万円代の支払いで、注文住宅が購入できる秘密がわかるよ。

詳しくはコチラ

 

 

毎日よく読まれている記事だよ。

こちらもCHECK

建売と注文住宅どっちがいい?どっちも経験したメリット・デメリット
建売と注文住宅どっちがいい?どっちも経験したメリット・デメリット

続きを見る

和室の3つの使い道

和室の3つの使い道

主な和室の使い道は3つ。

「将来親と同居する時」「和室を客間として利用」「畳は落ち着く」です。

 

将来親と同居する時

親と同居するなら和室はあった方がいいよ。

フローリングの床は硬く、年齢が増えるにつれて座ったり立ったりする動作がきつくなります。足腰の負担になることもめずらしくありません。

昔の家は和室があることが普通です。親と同居する時は住みなれた和室があると重宝します。

 

和室を客間として利用

親戚や親が家に遊びに来たとき、「和室があったらいいなー」と感じる。

サザエさんなど昔の日本家屋ではお客様を通す際に和室が使われています。

きれいな部屋を一室用意しておけばリビングなど生活の場に通すことがないので便利です。

 

畳は落ち着く

畳はやっぱり落ち着きます。

フローリングは硬いので、ゴロゴロすることはあまりありません。

柔らかい畳だからこそ、寝そべってゴロゴロと横になるのが気持ちよくまた落ち着きます。

 

建売の和室がいらないのは使わないことの方が多いから

使わない和室に悩む女性

和室があると便利だけど、使わないことの方が多いよ。

和室のある建売に住み、和室の使い道と実際の利用頻度はこうでした。

和室の使い道 利用頻度
将来親と同居する時 数十年後、もしくは同居しないかもしれない
和室を客間として利用 年に数回
畳は落ち着く 月に数回

 

親戚や親が家に遊びに来たとき、「和室があったらいいなー」と感じることがあります。

しかし実際にお客さんが家にくることは少ないです。

 

それに将来親と同居するのはいつでしょうか。今から数十年後のためにあまり使わない和室を準備するのはもったいなく感じます。

和室を作ったことで、LDKをはじめとする他のスペースが小さくなったり、最悪、スペースの確保が出来なくなる恐れもあります。

 

和室は小さな子どもがいると確かに便利です。

しかし和室の上で室内で遊ぶ車やベビーカーなどを乗ったり、押したりするうちに畳の藁がぼろぼろになります。

またおねしょを畳でしてしまい染みにならないかとヒヤヒヤしながら後片付けをした記憶があります。

 

つまり!子供にとって滑ったり転倒する危険を防ぐことが出来るかも知れませんが、それと比例して畳がダメになる早さは尋常じゃないほど早いです。

洋室は和室にリフォームできる

洋室から和室にリフォーム

親と同居する時、洋室を和室にリフォームすることもできるよ。

「将来、親と同居する予定なので和室が必要」って人は、洋室から和室にリフォームすることができます。

 

洋室から和室にリフォームする費用はおよそ100万ほど。

最初から和室にしてた方が安いのでは?と感じますが、そうでもありません。

 

和室は畳、障子、襖など和室を使わなくても数年に一度交換が必要です。

例えば畳であれば6畳間で約8万円、親と同居になるまでに数回交換するとリフォーム費用とあまり変わらない金額になることもあります。

親と同居する時まで洋室、同居するタイミングで和室にリフォームすることで最大限利用できるのではないでしょうか。

 

まとめ

物件を購入するということは一生に一回ぐらい大きな買い物です。

長くお世話になる住まいですので、将来を見据えて色々と考えます。

 

その大きな悩みの1つに和室の有無があるかたもいらっしゃるかと思いますが、この件に関しては遠い将来より近い今!

何を必要とするのかを考えて限りある間取りを有効に使うことをオススメします。

 

 

建売は内装や間取りが確認でき納得したつもりで購入しますが、住んでみて後悔することがあります。

もっと建売について、調べればよかった。

 

後悔しないために、後悔ポイントを確認してはいかがでしょうか。

こちらもCHECK

建売の後悔をブログで赤裸々に告白します。

続きを見る

建売の後悔ポイントがわかるよ。

 

せっかく念願のマイホームを建てても家の間取りや設備で後悔する人は多いいです。

こだわって作ったのに、実際に住むと後悔した...。

このように感じる方は珍しくありません。

 

「家は3回建てないと満足しない」と言われていますが、これは本当だなと感じます。

実際に私は建売から注文住宅に引っ越し、マイホームの経験は2回あるのですが「もっとこうすればよかった」と後悔することがあります。

 

注文住宅でよくある後悔は、こんな意見だよ。
間取りが使いにくい。
収納スペースが不足、収納場所が悪い。
予算オーバーして支払いが辛い。

 

私は家ではなく、お金で家を決め後悔しました。

この後悔も情報収集不足が原因です。

 

夢のマイホーム、後悔したくない方は以下を参考にしてみてください。

こちらもCHECK

注文住宅で後悔しないためには「お金」と「情報収集」が大切

続きを見る

 

毎日よく読まれてる記事だよ。

こちらもCHECK

建売と注文住宅どっちがいい?どっちも経験したメリット・デメリット
建売と注文住宅どっちがいい?どっちも経験したメリット・デメリット

続きを見る

建売と注文住宅で迷ってたら、参考にしてね。

 

こちらもCHECK

建売の後悔をブログで赤裸々に告白します。

続きを見る

建売の後悔ポイントはこっちだよ。

 

こちらもCHECK

新築は後悔ばかりの内容をブログでランキング形式にしました。
新築は後悔ばかりの内容をブログでランキング形式にしました。

続きを見る

2位は「妥協した間取り」 1位は「〇〇」だったよ。

 

-建売住宅