広告 お金・税金

マイホームの購入を決断できない夫の理由と旦那に家を買わせる方法

2021年10月16日

マイホームの購入を決断できない夫の理由と旦那に家を買わせる方法

マイホームの購入を夫に相談しても、なかなか先に進まないことはよくあります。

仕事で疲れてるのはわかるけど「本当は欲しくないのかな?」と悩んだり、真剣さが感じない状況はイライラしてしまいます。

子供の転園や転校が絡んでくる場合、マイホームの購入に一人で焦りを感じていないでしょうか。

 

実は、マイホーム購入が決断できない夫の悩みは以下です。

注意ポイント

・住宅ローンを返済していけるか不安
・転勤があったことを考える
・優柔不断で決められない
・マイホームを購入した友人や同僚から良い話を聞かない
・マイホームがほしくないと思っている

 

特にお金について悩みます。

そこで今回は建売から注文住宅に引っ越すほどマイホーム好きな私が、決断できない理由と旦那に家を買わせる方法についてご紹介します。

最初はマイホームについて乗り気じゃなかったけど、お金の不安がなくなったらスムーズにマイホーム計画がすすんだよ。

 

↓↓ここから無料で一括資料請求↓↓

\間取り・資金計画書などが無料/

オリジナル家づくり計画書作成

自由に断れる

マイホームの購入を決断できない夫の理由

マイホーム購入が決断できない夫マイホームの購入を決断できない夫には理由があります。

しかし、夫はプライドからか、決断できない理由をはっきりと伝えることができません。

ここでは、マイホームの購入を決断できない夫の理由についてご紹介します。

相手の気持ちがわかれば対策しやすいよ。
マイホームが欲しくないわけではなく、不安を抱えている人が多いよね。

 

住宅ローンを返済していけるか不安

マイホームの購入を決断できない夫は、お金に対して不安を感じていることがあります。

住宅ローンの返済は長期間、多額の借金を抱えることになります。

ローンの審査が通ったからと言って安心はできません。

今の収入できちんと払っていけるのかな...。

 

住宅ローンの借入金額や金利、借入時の年齢などにもよりますが、 返済は老後まで続く場合が多いです。

最近では特に雇用形態の変化もあり、必ず終身雇用で給料が上がっていくという保証がなくなってきています。

将来のお金に対して不安を感じている夫もいます。

 

転勤があったことを考える

せっかくマイホームを購入しても、現在の仕事に転勤の可能性がある場合、前向きになれない夫もいます。

単身赴任になった場合、二重生活となり費用や時間がかかります。

「新しい家に家族と住むことができない」「転勤に一緒について来て欲しいと」考えている夫は、 マイホーム購入に積極的ではありません。

今の仕事を辞めたいなんて言えない...。

 

優柔不断で決められない

マイホーム購入となると、決めなければならないことが山のように出てきます。

マイホームは人生の中で大きい買物ですから、そもそも購入するという決断自体大変です。

元々の性格が優柔不断だった場合、余計にハードルがあがり決断ができないとなりがちです。

具体的な資料がないと自分じゃ判断できない。

 

マイホームを購入した友人や同僚から良い話を聞かない

ある程度の年齢になると、マイホームを購入した人が周りでも増え始めます。

しかし友人や同僚から「マイホームを購入したら転勤になった」「住宅ローン返済が予想以上に大変でお小遣いをカットされた」「生活を切り詰めている」などなかなかいい話を聞かず、余計に尻込みしてしまう夫もいます。

知り合いからは生活が大変になったって聞いたな。

 

マイホームがほしくないと思っている

夫は妻よりも家にいる時間が短く、仕事によっては帰って寝るだけになってしまう夫もいます。

そのため、そもそもマイホームの必要性を感じておらず、 わざわざ高額な借金を背負ってまで購入するメリットを感じづらいのです。

今の生活に不満はないし、賃貸でもいいんだけど...。

 

決断できない夫にしてはいけないこと

決断できない夫にしてはいけないこと

マイホームの購入を決断できない夫に対して、他の家庭と比較する、決断を急がせる、給料が少ないと言うなど、夫の自尊心を傷つけるような発言をしてはいけません。

男性と女性はそもそも別の生き物であり、考え方も違います。

妻としては「○○さんもマイホーム購入したみたいだよ」と夫をけしかけてみたくなる気持ちもよくわかりますが、それは逆効果です。

自分の殻に閉じこもってしまうこともあるから、気が弱い人には言わない方がいいよ。

 

女性は共感や同じ行動に居心地のよさを感じることが多いですが、男性は共感・同調することよりも論理的に考えることが多いのです。

きちんとした理由があり、自分達に必要だと思えば決断しますが、その際自尊心を傷つけるようなことを言われては、上手くいくものもいかなくなってしまいます。

毎月の支払い金額に問題がなければ、実はマイホームが欲しいんだよ。

 

↓↓ここから無料で一括資料請求↓↓

\間取り・資金計画書などが無料/

オリジナル家づくり計画書作成

自由に断れる

旦那に家を買わせる方法5選

マイホーム購入を決断し、契約書にサインする男性

ここでは、購入を決断できない夫に家を買わせる方法をご紹介します。

 

旦那に家を買わせる方法

・将来のライフプランを聞いてみる

・旦那と一緒に住宅展示場にいく

・家を購入する期限を決める

・家を購入するメリットを伝える

・お金の不安を取り除く

将来のライフプランを聞いてみる

まずは将来のライフプランを聞いてみましょう。

マイホームがほしいあまり、自分の気持ちを相手に押し付けていないでしょうか?

マイホーム購入は夫婦の形、夫によりそうことも大切です。

 

将来の子供の人数や仕事のことがスッキリしてマイホーム計画に前向きになれた。

仕事の転職について話せてよかった。

旦那が考えている将来のライフプランがわかってマイホーム購入時期が具体的になったよ。

 

旦那と一緒に住宅展示場にいく

旦那に家を買わせる方法には、一緒に住宅展示場にいくのが効果的です。

夫婦で展示場にいくことで、旦那はマイホームをリアルに感じることができます。

 

住宅展示場は休日の場合イベントが開催されているところも多い為、子供も一緒に楽しめます。

なんの知識もない状態でも色々なことを教えてくれますし、マイホーム購入のイメージがつきやすいです。

そこで、妻や子供が楽しそうな顔を見ることで、 「マイホームっていいな」という気持ちにさせる事ができるでしょう。

 

子供や妻が喜んでいる姿が見れてよかった。

 

家を購入する期限を決める

後ろを決めてしまえば、どういったスケジュールで動かなければならないか必然的に決まってきます。

マイホームを購入したい理由は家庭によって違います。

 

例えばもう1人子供が生まれる前、上の子の小学校入学前、次に転勤になる前など様々です。

そこから逆算していくことで、マイホーム購入の為のスケジュールが出来上がります。

購入する期限を決めることで、マイホームの購入を決断できない夫もスムーズに決断することができます。

優柔不断な旦那に効果的だよ。

 

家を購入するメリットを伝える

家族や夫のメリットを具体的に伝えることで、マイホーム購入の決断がしやすくなります。

なぜなら購入後のイメージがしやすく、夫自身にもメリットがあると感じてもらえるからです。

 

例えば、こんなメリットがあるよ。

参考

・足音を気にせず、子供が伸び伸びと過ごせる

・転校を気にせず安心して暮らせる

・小さくとも夫の書斎やプライベートルームを作れる

・庭があり、BBQなどアウトドアを楽しめる

・車をいじるスペースができる

 

夫の趣味を考慮したうえで、その趣味が楽しめることや家族が幸せに楽しく暮らせることをイメージしてもらいましょう。

そうすれば、マイホーム購入のモチベーションがアップするはずです。

家族と庭でBBQするのが夢だった。

 

お金の不安を取り除く

お金に不安があると、いいとわかっていてもなかなか決断ができません。

「今の収入でも無理なく住宅ローンが支払える」「今払っている家賃よりも住宅ローンの方が安い」「毎月の生活費を8,000円節約できれば大丈夫」など、お金のことが具体的にわかればお金の不安が取り除けます。

 

住宅ローンの返済がちゃんとできるかな。

家賃に比べて具体的にいくら支払いが違うんだろう。

このように考えている夫は少なくありません。

 

人によって理想とするマイホームが違うように、マイホームによって購入金額が違います。

理想とするマイホームの金額と資金計画が具体的になれば、夫も決断しやすいです。

今払っている家賃と比べてそこまで差がなければマイホーム欲しいな。

 

タウンライフ家づくりで間取りプランと資金計画をもらう

年収毎の借りられる金額と返済金額の目安は以下です。

しかしこれだけでは、返済金額がわかってもマイホームの購入金額はわかりません。

 

そこでタウンライフ家づくりのサービスを利用して、あなただけの間取りプランと資金計画をもらってはいかがでしょうか。

タウンライフ家づくりでできること

・間取りプランがもらえる

・見積書、資金計画の比較

・住宅展示場にいかなくても資料がもらえる

 

自分が理想とする間取りや資料がもらえてよかった。
妻が考えているマイホームの価格と毎月の返済金額が具体的にわかってよかった。

毎月の返済金額がわかれば決断できない旦那も、お金の不安を取り除くことができます。

 

タウンライフ家づくりは無料サービスなので、利用しない方が損ではないでしょうか。

毎月の資金計画を具体的にしたら、お金の不安が解消されて決断してくれたよ。

  • あなただけの間取りプランがもらえる
  • 自宅で簡単に資料請求ができる
  • ユーザーの利用満足度No.1

 

↓↓ここから無料で一括資料請求↓↓

\間取り・資金計画書などが無料/

オリジナル家づくり計画書作成

自由に断れる

 

旦那に家を買わせる方法の気になるQ&A

いきなり住宅展示場に行ってもいいのか?

住宅展示場はよく見えるため、何も準備しないで住宅展示場に行くと後悔しやすいのです。

住宅展示場と比較できるよう、事前に知識や資料を準備した方がいいです。

詳しくはこちらの記事で確認できます。

こちらもCHECK

住宅展示場が参考にならない理由は?行く前に準備すること

続きを見る

 

旦那に相談するタイミングはいつがいい?

旦那の機嫌が良い時や、実家に遊びに行ったタイミングが相談しやすいです。

疲れている時や機嫌が悪い時に相談するのは避けましょう。

 

タウンライフ家づくりの評判は?

間取りが比較できてよかった、間取りプランが貰えなかったなどの評判があります。

利用しなかった人の評判は以下です。

マイホームが値引きできるなんて知らなかった。値引き交渉したらよかった

複数のハウスメーカーから資料請求するのが大変だったけど、このサービスを利用してたら一回でできたんだ...

住宅展示場で資料をもらいたいけど断りにくくていけない、小さな子供がいてまとまった時間がとれない人に嬉しいサービス

 

タウンライ家づくりについては、こちらの記事で詳しく確認できます。

こちらもCHECK

タウンライフで資料請求するとどうなる?口コミ・評判やデメリットを解説

続きを見る

 

建売と注文住宅はどっちがいい?

建売と注文住宅は注文住宅の方がよく、仮に次に引っ越すなら注文住宅にします。

どちらもメリットとデメリットがありますが、大切なことはお金で決めないことです。

詳しくはこちらの記事で確認できます。

こちらもCHECK

建売と注文住宅どっちがいい?どっちも経験したメリット・デメリット
建売と注文住宅どっちがいい?どっちも経験したメリット・デメリット

続きを見る

 

まとめ

マイホーム購入を決断できない夫はお金の不安、優柔不断で決められないなどの理由があります。

しかし、お金の不安やマイホームのメリットを伝えることで、決断しやすくなります。

 

具体的には旦那に家を買わせる方法は以下があります。

旦那に家を買わせる方法

・将来のライフプランを聞いてみる

・旦那と一緒に住宅展示場にいく

・家を購入する期限を決める

・家を購入するメリットを伝える

・お金の不安を取り除く

 

男性は共感・同調することよりも論理的に考えることが多いため、なるべく論理的に夫や家族にメリットがあることを説明することで、 夫の決断しやすい状況を整えてあげましょう。

マイホームの参考となる資金計画や見積書などの資料を準備して、説得してはいかがでしょう。

  • あなただけの間取りプランがもらえる
  • 自宅で簡単に資料請求ができる
  • ユーザーの利用満足度No.1

 

↓↓ここから無料で一括資料請求↓↓

\間取り・資金計画書などが無料/

オリジナル家づくり計画書作成

自由に断れる

-お金・税金