注文住宅の内装

注文住宅で後悔しないためには「お金」と「情報収集」が大切

注文住宅で後悔しないためには「お金」と「情報収集」が大切

せっかく念願のマイホームを建てても家の間取りや設備で後悔する人は多いいです。

こだわって作ったのに、実際に住むと後悔した...。

このように感じる方は珍しくありません。

 

「家は3回建てないと満足しない」と言われていますが、これは本当だなと感じます。

実際に私は建売から注文住宅に引っ越し、マイホームの経験は2回あるのですが「もっとこうすればよかった」と後悔することがあります。

 

注文住宅でよくある後悔は、こんな意見だよ。
間取りが使いにくい。
収納スペースが不足、収納場所が悪い。
予算オーバーして支払いが辛い。

 

このような経験はしたくないものです。

しかし8割の方が後悔や失敗をしたと言われています。

マイホームで後悔や失敗をしたくない人は続きを読んでね。

 

間取りや見積もりが無料!

どのくらい費用がかかるかわかるよ。

無料で作成する

いきなり住宅展示場に行っても失敗する

家づくりを計画するとき、最初に考えることは住宅展示場に行くことではないでしょうか。

住宅展示場はよく見え、冷静な判断ができていないことが多いいです。

 

住宅展示場に行くとき「そろそろマイホームが欲しいな」と、漠然とした気持ちで行ってない?

「自分が建てたい理想のマイホームは?」「予算はいくら?」がはっきりしていないと、後悔することに繋がります。

 

住宅展示場はよく見える

住宅展示場の方に「この住宅展示場と同じ家を建てたらいくらになりますか?」と聞いてみました。

帰ってきた回答は「1億円くらいですね。住宅展示場はよく見えるように作ってますから。」でした。

1億は実際に建てる注文住宅に比べて約2倍ほど価格に差があり、住宅展示場みたいなマイホームを目指しても現実は難しいです。

 

しかし住宅展示場にいくとワクワクし、準備が不十分な状況でなんとなくマイホーム計画が始まってしまいます。

何を聞けばいいかわからない、どこを見ていいかわからない状態だとテンションだけ上がって具体的なことは何も決まりません。

建てたい家のイメージを膨らませたあとに住宅展示場に行っても遅くないよ。

 

住宅展示場のデメリット

住宅展示場には以下のデメリットがあります。

マイホーム計画が順調な気がしたけど、何も決まってなかった。
営業の話が長くて、欲しいカタログを貰うのに時間がかかる。
子供と一緒に行くと疲れるし、ゆっくりと見学できない。

 

比較するものがないと冷静に判断ができない

「この野菜は安い」「このお店は高い」など、知識や情報がなければ比較することができません。

その状態で「このマイホームのここがいい」「この家、ちょっと高いんじゃないかな」などを、冷静に判断できるでしょうか。

 

もし今あなたが「マイホーム計画を始めたばかり」「打ち合わせ中だけど、この間取りやプランでいいか悩んでいる」のであれば、情報収集をはじめましょう。

打ち合わせ中でも他の間取りや情報収集をすることで、後悔や失敗を防ぐことができるよ。

 

注文住宅で後悔しないための2つのポイント

注文住宅で後悔しないためには2つのポイントがあります。

資金に余裕がある、すでに3社以上から見積もりや資料をもらってる人は続きを読まなくても大丈夫だよ。

 

お金で決めない

お金でマイホームを決め、私は後悔しました。

お金のことが先行し建売にしましたが、満足よりも後悔が大きかったです。

その結果、数百万円以上のお金を使いました。

 

建売で後悔したから、注文住宅のときは理想の家を追い求めたよ。

設備やこだわりなど、可能であればお金を気にしない方が後悔は少ないです。

こちらもCHECK

建売と注文住宅どっちがいい?どっちも経験したメリット・デメリット
建売と注文住宅どっちがいい?どっちも経験したメリット・デメリット

続きを見る

最初から注文住宅にしてたら、こんなにお金使わなかったんだけどな。

 

情報収集して沢山間取りを見る

マイホーム計画で最も大切なことは情報収集です。

情報不足はマイホーム計画の後悔に繋がります。

 

もっと情報収集してればよかった...。
なんで1つの間取りの提案で決めてしまったのだろう...。

このように後悔する方は珍しくありません。

 

情報収集は資料請求するといいよ。

情報収集や見積もりは3社から見積もりを取るのが理想と言われています。

中には10社近くから資料請求する方もいますが、情報が多くなると混乱して判断が難しくなるので注意しましょう。

複数社に依頼する理由

・相見積もりで価格差がわかる
・住宅性能や外壁、内装、設備が比較できる
・理想の間取り、同線が比較できる

 

会社によって得意、不得意な工事があり金額にも影響します。

A社では無料でも、B社では8万円くらいかかるって言われたよ。

 

1社ずつ資料請求するのは大変なので、1回の請求でまとめて資料請求した方が効率的です。

 

資料請求よりも金融機関から借りられるお金と、返済できるお金について知りたい方はこちらからです。

こちらもCHECK

新築を建てた後にお金が足りなくなった理由と足りない場合の対策方法

続きを見る

無料で見積もりや間取りプランをもらう方法が知りたい方は下にスクロールしてね。

 

マイホーム計画の一括資料請求はタウンライフ家づくり

マイホーム計画の一括資料請求を1つだけ選ぶならタウンライフ家づくりがおすすめです。

参考

タウンライフは全国600社以上のハウスメーカー・工務店からあなただけの間取りプランや見積もりを、無料で貰えるサービスです。

 

一括資料請求にタウンライフがおすすめな理由はカタログだけでなく、見積もり・間取りプランを無料で貰うことができるからです。

↓↓ここから無料で一括資料請求↓↓

\間取り・資金計画書などが無料/

オリジナル家づくり計画書作成

たった3分でできちゃう

 

タウンライフでできること

タウンライフでは以下のことができます。

複数の見積もりで、予算比較ができ相場がわかる。

資金計画を提案してもらえるから、毎月の支払い計画が具体的になる。

 

理想のマイホームの間取りをもらえる。

間取りが比較でき、より良い間取りに近づく。

 

タウンライフは3分程度で簡単に、外出をしなくても子育ての合間にスマホで資料請求ができます。

貰った間取りを参考に住宅展示場にいくと、貰った間取りと住宅展示場を比較でき、より効果的です。

打ち合わせ中の人は、今貰っている間取りと比較することもできるよ。

 

タウンライフの口コミ

良さそうなサービスだけど、聞いたことがないため本当に信頼できるサービスなの?と、不安に感じる方もいるのではないでしょうか。

タウンライフはマイホーム経験者の中でも馴染みのある無料サービス、注文住宅部門で3冠を達成しています。

 

そうは言っても初めて聞いたサービスだと不安にならない?

そこで口コミを独自に調べてみたよ。

 

良い口コミ

違う間取りで比較できてよかった
400万円値引きできた
子連れで展示場に行けなかったけど家が比較できてよかった

 

悪い口コミ

間取りプランがもらえなかった
電話してくる業者があった
連絡のない業者があった

 

使わなかった人の口コミ

マイホームが値引きできるなんて知らなかった。値引き交渉したらよかった
複数のハウスメーカーから資料請求するのが大変だったけど、このサービスを利用してたら一回でできたんだ...
住宅展示場で資料をもらいたいけど断りにくくていけない、小さな子供がいてまとまった時間がとれない人に嬉しいサービス

 

 

↓↓ここから無料で一括資料請求↓↓

\間取り・資金計画書などが無料/

オリジナル家づくり計画書作成

たった3分でできちゃう

 

タウンライフの登録方法

登録はカンタン!一回の申し込みで資料請求と間取りプランの作成が無料でできるよ。

登録はカンタンで3分くらいでできます。

 

ここをクリックして下にスクロールするとこんな画面になります。

 

クリックしたら見積もり・間取りプランの作成です。

 

理想の間取りはここで書くよ。

 

後でわかったのですが、電話されるのが苦手な人はここで「メールで対応お願いします」や「電話連絡不可」って書くといいみたいです。

 

理想とするマイホームの間取りや条件を記入したら、完了です。

申し込みしたら「成功する家づくり7つの法則」がもらえました。

メモ

・家づくりの考え方
・エクステリア(外構)
・設計術
・間取りづくり
・デザイン
・コンセントメイキング
・風水

全部で49ページありますが、初心者にもわかりやすいので家づくりの参考になります。

毎月先着99名限定ですが、毎月5,000人以上が利用するみたいなので、早めの申し込みが良いです。

 

↓↓ここから無料で一括資料請求↓↓

\間取り・資金計画書などが無料/

オリジナル家づくり計画書作成

たった3分でできちゃう

 

資金計画は返済できる金額を目安

マイホーム計画の後悔に「支払いが辛い」があります。

これは「金融機関から借りられる金額と返済できる金額は違うことを知らない」からです。

金融機関の返済率は収入の25%〜35 %ほど、理想の返済率は手取りの20%ほどと言われています。

 

この違いを知らずに「金融機関から借りられる金額=返済できる金額」と考えると、後でお金が足りない原因にもなります。

こちらもCHECK

新築を建てた後にお金が足りなくなった理由と足りない場合の対策方法

続きを見る

借りられる金額よりも、返済できる金額の方が大切だよ。

 

まとめ

注文住宅は8割の方が後悔や失敗をしたと言われています。

後悔するのは知識や情報が不足していることが原因の1つです。

 

知識や情報が不十分な状態で住宅展示場に言っても、比較する情報がなければ冷静な判断はできません。

住宅展示場は今すぐ行く必要はなく、十分に情報収集してからでも遅くありません。

情報収集や見積もりは3社から見積もりを取るのが理想と言われています。

 

1社ずつ資料請求をするのは大変なので、まとめて資料請求すると効率的です。

マイホーム計画の一括資料請求はタウンライフ家づくりを利用すると、あなただけの見積もりや間取りプランを無料で貰うことができます。

タウンライフは3分程度で簡単に、外出をしなくても子育ての合間にスマホで資料請求が可能です。

 

これから何十年と住むマイホーム、後悔しないために資料請求をしてはいかがでしょうか。

後悔は何十年、資料請求は3分ほどです。

 

↓↓ここから無料で一括資料請求↓↓

\間取り・資金計画書などが無料/

オリジナル家づくり計画書作成

たった3分でできちゃう

-注文住宅の内装