注文住宅の内装

リビング階段は後悔する?やめてよかった5つの理由と考えたこと

2022年5月6日

リビング階段は後悔する?やめてよかった5つの理由と考えたこと

リビング階段はおしゃれ、さらにドラマなどで見かけることもあり、憧れる方は多いのでないでしょうか。

我が家もリビング階段に憧れ設置を考えていましたが、デメリットやリビング階段にしている人の意見を参考にしてやめました。

今でも憧れはありますがリビング階段をやめてよかったと感じており、デザイン性や憧れで決めるよりも大切なことがあると感じます。

 

家族みんなで住む家だから、見た目よりも実際に住む家族の意見が大切じゃないかな。

そこで今回はリビング階段をやめてよかった理由と、後悔しないためのポイントについてご紹介します。

 

新築は、事前に後悔や失敗した事例を知ることで後悔しない家づくりが可能です。

新築の後悔ランキングは、こちらの記事でまとめて確認できます。

こちらもCHECK

新築は後悔ばかりの内容をブログでランキング形式にしました。
新築は後悔ばかりの内容をブログでランキング形式にしました。

続きを見る

リビング階段をやめてよかった5つの理由

リビング階段をやめてよかった夫婦

憧れていたリビング階段は予算が理由ではありません。

ここではリビング階段をやめてよかった5つの理由をご紹介します。

やめてよかった理由

・プライバシーを確保するのが難しい
・リビングが寒くなる
・光熱費が高くなる
・匂いや音が伝わる
・2階から子供が落ちる可能性がある

 

プライバシーを確保するのが難しい

リビング階段はプライバシーを確保するのが難しいです。

家族とは言えプライバシーはどんな家の設計においても大切、リビング階段にすることで家族のプライバシーが失われることは避けたいです。

お客さんが来ていると気軽にお風呂に入れない、友達や恋人が気軽に遊びに来れないなどがあるよ。

 

リビングが寒くなる

リビング階段はおしゃれですが、リビングが寒くなる可能性が高いです。

冬に各部屋の扉を開けた状態で暖房をつけた経験がある方は少ないでしょう。

リビング階段にすると、1階から2階までが吹き抜けになりリビングがすぐには温まりません。

 

光熱費が高くなる

リビング階段と独立階段では冷暖房効率が違い、リビング階段はスペースが広くなる分通常のリビングに比べて冷暖房効率が下がります。

カーテンやシーリングファンなどで対応できますが、通常に比べて光熱費が高くなる可能性があります。

 

匂いや音が伝わる

リビング階段は2階に匂いが伝わりやすいです。

また2階で子供が遊んでいる音が1階まで伝わることもあります。

匂いや音が気になる人はリビング階段がデメリットになるよ。

 

2階から子供が落ちる危険がある

リビング階段は家を開放的で広々とした感じにする方法ですが、2階から小さな子供が落ちる危険があります。

子供は2階から落ちる危険性を常に認識しているとは限らないため、2階から1階を覗いて遊ぼうとします。

2階から落ちることがどれほど危険であるかを知らない子供には、落ちて怪我するリスクを伝えることが必要です。

 

リビング階段にすればよかったと考える理由

リビング階段にすればよかったと悩む夫婦

リビング階段をやめて後悔はしていませんが、リビング階段にすればよかったと感じることもあります。

それは以下の3つの理由です。

リビングに階段にすればよかった理由

・家族がコミュニケーションをとりやすい
・スペースを上手く使える
・開放感のあるリビングがおしゃれ

 

家族がコミュニケーションをとりやすい

リビング階段は顔をあわせる機会が増え、家族とコミュニケーションをとりやすいです。

また会話がなくてもリビングと子供部屋の距離が近く感じ、家族の気配を感じることができます。

リビングから自分達の部屋にいる子供と会話できそう。

 

スペースを上手く使える

リビング階段は階段下に廊下がないため、その分スペースを効率的に使用できます。

通常は階段下を収納スペースとして活用することが多いですが、リビング階段の場合は収納スペースだけでなくリビング隣の部屋の通路として利用することも可能です。

 

収納スペースはリビング階段以外にも、廊下のない家にする方法があります。

廊下のない家について詳しくは、こちらの記事で確認できます。

こちらもCHECK

廊下のない家は後悔する?デメリットを考え「あり」にした
廊下のない家は後悔する?デメリットを考え「あり」にした

続きを見る

 

開放感のあるリビングがおしゃれ

リビング階段は、リビングをユニークでスタイリッシュにできる方法です。

リビング階段があるだけで開放感のあるおしゃれなリビングにすることができます。

 

おしゃれなリビングはスイッチニッチを工夫する方法もあります。

こちらもCHECK

スイッチニッチで失敗しないための3つのポイントと注意点
スイッチニッチで失敗しないための3つのポイントとおしゃれにする方法

続きを見る

 

リビング階段で後悔しないために考えるポイント

リビング階段で後悔しないために考えるポイント

リビング階段は憧れでしたが、寒さや子供のことを考えやめました。

デザインやおしゃれよりも、家づくりは家族の意見を参考にすることも大切だよ。

 

リビング階段が必要か家族で話しあう

リビング階段を検討している場合、まずは家族と話し合う必要があります。

見た目よりも実際に住む家族がリビング階段がよくないと思っている場合、後悔するかもしれません。

リビング階段はステキな家になりますが、必ずしも必要なものではありません。

最終的な決定を下す前に、家族と話し合うことが大事です。

 

吹き抜けの家の寒さ対策

リビング階段は寒くなる可能性が高いです。

冷暖房器具やカーテン、断熱材などを利用して寒さ対策をしましょう。

 

まとめ

リビング階段はおしゃれですが、必ずしも必要ではありません。

良いと思っていたリビング階段が原因で、家族のコミュニケーションが減ってはいけません。

子供の危険やプライバシーなどを考え家に住む家族で話し、お互いが納得することが大切ではないでしょうか。

 

リビングは家族が集まりくつろぐ場所と考えている人は多く、少しでもリビングを快適にするためこだわります。

しかし、その分後悔も増えますが、後悔した事例を知ることで対策可能です。

リビングの後悔はこちらの記事でまとめて確認できます。

こちらもCHECK

リビングの後悔ポイントと対策は?子育て家族に丁寧な解説
リビングの後悔ポイントと対策は?子育て家族に丁寧な解説

続きを見る

 

マイホームの気になるQ&A

-注文住宅の内装