注文住宅の内装

ファミリークローゼットの7つの後悔からわかる失敗しないための対策

ファミリークローゼットの7つの後悔からわかる失敗しないための対策

ファミリークローゼットに後悔すると使い勝手が悪く、場合によっては活用できずムダになってしまうこともあります。

あとで変更できればいいですが、リフォームするのは簡単ではありません。

だからファミリークローゼットで失敗しないための対策が大切です。

 

簡単に言うとファミリークローゼットの後悔は広さや場所、子供の成長などが影響しています。

そのため失敗しないためには広さやプライバシーの確保、間取りなどが重要です。

今回はファミリークローゼットの後悔や失敗しないための方法についてご紹介します。

 

新築は、事前に後悔や失敗した事例を知ることで後悔しない家づくりが可能です。

新築の後悔ランキングは、こちらの記事でまとめて確認できます。

こちらもCHECK

新築は後悔ばかりの内容をブログでランキング形式にしました。
新築は後悔ばかりの内容をブログでランキング形式にしました。

続きを見る

ファミリークローゼットの後悔7選

ファミリークローゼットで後悔している女性

ファミリークローゼットには、どのような後悔があるのでしょうか。

ファミリークローゼットの後悔は以下があるよ。

ファミリークローゼットの後悔

・思ったよりも狭い
・広くてスペースが余る
・通勤通学時の朝に混み合う
・子供が大きくなったら嫌がる
・サイズが合わない
・照明センサーにすればよかった
・設置する場所が悪かった

 

思ったよりも狭い

ファミリークローゼットのサイズが小さいと、着替えたり収納するスペースを作るのが困難です。

また服を全て収納できなかったり、整理が難しくなります。

服が山積みになったり、違う部屋に収納するのは避けたい。

 

広くてスペースが余る

狭いのとは逆にファミリークローゼットが広すぎても後悔します。

家族全員が利用できる十分なスペースは必要ですが、過度に広すぎると使用していないムダなスペースができます。

ファミリークローゼットよりもリビングをもっと広くすればよかった。

 

通勤通学時の朝に混み合う

朝は学校や仕事に行かなくてはいけないので、通勤通学の時間が重なるとファミリークローゼットの中が混み合います。

着替えが遅れると、学校や仕事を遅刻することがあります。

 

子供が大きくなったら嫌がる

子供が成長するにつれて親と一緒の空間を嫌がり、中には親と一緒のスペースに服を置くのが嫌になることも考えられます。

子供が成長している証なのですが、ファミリークローゼットは子供のプライバシーが大切です。

子供が大きくなったら場合のファミリークローゼットについては、後で詳しく紹介するよ。

 

サイズが合わない

ファミリークローゼットを使いはじめてハンガーパイプや棚の高さが合わない、というのはよくあります。

また子供が成長すると、高さや奥行きがが変わります。

取り付け方や商品のサイズによっては、あとで追加できないこともあるから注意だよ。

 

照明センサーにすればよかった

人の出入りが増えると電気を消し忘れることがあります。

照明を消すのを忘れたときに照明を消しておくための良い方法は、ファミリークローゼットを照明センサーにすることです。

 

設置する場所が悪かった

ファミリークローゼットを設置する場所が悪かったと後悔することは珍しくありません。

洗濯する場所から遠いところに設置して不便...。

ファミリークローゼットはライフスタイルに合わせて設置する場所を選ばないと後悔する可能性があります。

 

ファミリークローゼットは不便ではない

ファミリークローゼットは不便ではない

ファミリークローゼットは果たして不便なのでしょうか。

ここではファミリークローゼットの便利さについてご紹介します。

 

子供と一緒に着替えができる

ファミリークローゼットは子供と一緒に着替えができるので、子育て中の方には便利です。

子供一人で服を選ぶのが難しく親がかわりに選ぶこともありますが、せっかく服なのに「この服イヤだ」と言われた経験はないでしょうか。

ファミリークローゼットは子供たちが好きな服を見つけるのを手助けしながら、時間と労力を節約できます。

 

収納場所を集約できる

ファミリークローゼットは家族の収納スペースをまとめるのに便利です。

ファミリークローゼットのおかげで、洗濯物を整理するのが楽。

洗濯物を各部屋の収納スペースに整理する必要がないため、家事が楽になります。

 

子供部屋が広くなる

子供部屋に子供用の収納スペースを設置することがありますが、収納スペースがあるとその分部屋が狭くなります。

小さな子供連れの家族は服よりも、おもちゃのためにより多くのスペースを必要とすることがよくあります。

しかしファミリークローゼットで収納スペースをまとめると、子供部屋に収納スペースを設置する必要がなくなるため子供部屋が広くなります。

おもちゃのための十分なスペースを確保することも可能です。

 

ファミリークローゼットは子供が大きくなったらいらないのか?

ファミリークローゼットの中でコミュニケーションをする家族

ファミリークローゼットは子供が小さい間は良さそうですが「子供が大きくなったらいらないのでは?」と考えてしまいます。

子供が思春期になると嫌がりそうですが、ファミリークローゼットならではのメリットがあります。

 

子供の引きこもりの可能性が低くなる

親として子供に引きこもってほしくないものです。

子供部屋に着替えがあると部屋からなかなか出ないこともありますが、ファミリークローゼットの場合は自分の部屋に服がないので着替えることができません。

着替えるためには部屋から出てファミリークローゼットまで動く必要があるため、子供が引きこもる可能性が低くなります。

 

コミュニケーションが増える

ファミリークローゼットは、家族との絆を深めることができます。

家族と顔をあわせる機会が増えるよ。

 

まとめ

ファミリークローゼットは収納スペースをまとめることができ、家事が楽になります。

また家族と顔を合わせる機会が増え、コミュニケーションも増えます。

子供が大きくなってもファミリークローゼットを使う際の家族ルールを決めることで、お互いのプライバシーが守れます。

サイズや設置する場所を考え、ステキなファミリークローゼットにしてはいかがでしょう。

 

マイホーム計画中の女性

・理想のマイホームはあるけど、予算が足りなくて妥協しないといけないかも

・本当に住宅ローンを支払っていけるか心配

 

マイホーム購入後の男性

・住宅ローンの支払いがきつい

・住宅ローンの支払い日が近づくとお金が足りない不安に悩まされる

 

このようにお金に不安を感じる方は珍しくありません。

実際に私は内装設備や外構よりも、お金で後悔しました。

 

マイホームのお金に不安がある方は、次はこちらの記事を参考にしてください。

 

マイホームの気になるQ&A

-注文住宅の内装