サブタックス

税金を味方に!副業、ブロガー、アフィリエイターのための税金コンテンツ

アフィリエイト

サイト売却の方法。ブログやアフィリエイトサイトは売れるのか?

突然ですが、アフィリエイトサイトを売却しました。 サイトを売却した事に対して、ツイッターのフォロワーさんからは、「サイトって売れるの?」という質問を何度か聞かれたのですが、アフィリエイトサイトは売れます。 この記事を読んでいて ・ブログが続かない ・ブログを辞めたい ・ブログの資産化を考えている と思っている方はいませんか。ブログは資産になります。諦めずにブログを継続する事をオススメしますが、諸事情によりブログを辞める時にはブログの売却を検討しましょう。収益が発生していなくても売れるブログはあります。 サ ...

続きを読む

仮想通貨

仮想通貨の税金対策は不動産所得とアフィリエイトがポイント

「仮想通貨は税金が高い」「仮想通貨に税金対策はない」「仮想通貨の税率は最高55%」等という話は多いいため、仮想通貨の税金はどうしようもないのかと思いがちですが、果たしてそうでしょうか。私はそうではないと考えます。 仮想通貨のみを考えると確かにこれらの意見になってしまいますが、個人の所得は10種類あります。木を見て森を見ずになってしまわないようにしましょう。 雑所得のマイナスは損益通算する事ができませんが、事業所得、不動産所得等のマイナスは雑所得と損益通算する事ができます。初年度にマイナスになりやすい不動産 ...

続きを読む

所得税

青色申告と白色申告の違いを比較した結果、青色申告の特典にお得感

個人事業主で申告をするのに「青色申告」と「白色申告」があるのをご存知でしょうか。どちらでも申告ができますが、白色申告に比べて、青色申告の方が有利な部分があります。 「有利なら青色申告で申告をしたい」と思っても、誰もが青色申告で申告はできません。しかし、一定の条件を満たす事で青色申告になります。 青色申告について1つ1つ確認をしてみます。 確定申告 日本では、納税者が自ら所得税額を計算し、申告する申告納税制度が採用されています。 毎年1月1日から12月31日までに得た全ての所得の金額と、それに対する所得税等 ...

続きを読む

給与所得

42view

2018/11/27

個人事業主、副業をしている場合のふるさと納税の限度額をシミュレーション

ふるさと納税の限度額をシミュレーションする事ができるサイトは沢山あります。シミュレーションだけでなく年収、家族構成によってふるさと納税の限度額の目安表も作成されていたりと便利です。 しかし、どのシミュレーション、目安表も基本的には給与所得のみを前提に作成がされているため個人事業主、給与所得以外の副業がある場合は、ふるさと納税の限度額を知る事が困難です。 今回は個人事業主、副業をしてい場合のふるさと納税の限度額をシミュレーションサイトを利用して計算してみます。 なぜ個人事業主、副業をしているとふるさと納税の ...

42view

2018/11/24

ふるさと納税の限度額の計算方法を徹底解説

ふるさと納税といえば、自己負担2,000円で寄付をした自治体の特産品が貰える事が魅力的ですが、寄付金額がいくらでも自己負担が2,000円になるわけではありません。 ふるさと納税の自己負担が2,000円になるためには、ふるさと納税の限度額を知る必要があります。 控除限度額は給与収入、家族構成、所得控除、副業等の収入によって違うため、同じ年収でも家族構成が違うとふるさと納税の控除限度額は違ってきます。 自己負担を2,000円にするためには、自分のふるさと納税の限度額を知る必要があります。今回のテーマは、そんな ...

76view

2018/11/4

配偶者控除、配偶者特別控除の適用には配偶者控除等申告書が必要

平成30年の年末調整から従来の用紙が一部廃止になり、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」(以下「扶養控除等申告書」という)「給与所得者の保険料控除申告書」(以下「保険料控除申告書」という)「給与所得者の配偶者控除等申告書」(以下「配偶者控除等申告書」という)の3枚になりました。 配偶者控除等申告書の記入例については、以前触れていますので、今回はもっと踏み込んでみます。 給与所得者の配偶者控除等申告書を提出しないと配偶者控除、配偶者特別控除は適用されない ブラックくん扶養控除等申告書に配偶者の氏名等を記 ...

98view

2018/7/25

給与を仮想通貨で受け取るメリット、デメリット

GMOインターネットグループでは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入する事が決定されました。 GMOインターネットグループにはGMOコインという仮想通貨取引販売所があり、仮想通貨の一層の普及・発展を推進するべく、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定しています。 こういった取組を大手がする事で仮想通貨の普及が進みます。 しかし、給与等を仮想通貨で支払った場合、税務上はどのように取り扱われるでしょうか。源泉徴収されるのかが気になります。 仮想通貨で支払われた給与は現物給与 給与等を ...

Copyright© サブタックス , 2018 All Rights Reserved.