サブタックス

税金を味方に!副業、ブロガー、アフィリエイターのための税金コンテンツ

アフィリエイト

サイト売却の方法。ブログやアフィリエイトサイトは売れるのか?

突然ですが、アフィリエイトサイトを売却しました。 サイトを売却した事に対して、ツイッターのフォロワーさんからは、「サイトって売れるの?」という質問を何度か聞かれたのですが、アフィリエイトサイトは売れます。 この記事を読んでいて ・ブログが続かない ・ブログを辞めたい ・ブログの資産化を考えている と思っている方はいませんか。ブログは資産になります。諦めずにブログを継続する事をオススメしますが、諸事情によりブログを辞める時にはブログの売却を検討しましょう。収益が発生していなくても売れるブログはあります。 サ ...

続きを読む

仮想通貨

仮想通貨の税金対策は不動産所得とアフィリエイトがポイント

「仮想通貨は税金が高い」「仮想通貨に税金対策はない」「仮想通貨の税率は最高55%」等という話は多いいため、仮想通貨の税金はどうしようもないのかと思いがちですが、果たしてそうでしょうか。私はそうではないと考えます。 仮想通貨のみを考えると確かにこれらの意見になってしまいますが、個人の所得は10種類あります。木を見て森を見ずになってしまわないようにしましょう。 雑所得のマイナスは損益通算する事ができませんが、事業所得、不動産所得等のマイナスは雑所得と損益通算する事ができます。初年度にマイナスになりやすい不動産 ...

続きを読む

所得税

青色申告と白色申告の違いを比較した結果、青色申告の特典にお得感

個人事業主で申告をするのに「青色申告」と「白色申告」があるのをご存知でしょうか。どちらでも申告ができますが、白色申告に比べて、青色申告の方が有利な部分があります。 「有利なら青色申告で申告をしたい」と思っても、誰もが青色申告で申告はできません。しかし、一定の条件を満たす事で青色申告になります。 青色申告について1つ1つ確認をしてみます。 確定申告 日本では、納税者が自ら所得税額を計算し、申告する申告納税制度が採用されています。 毎年1月1日から12月31日までに得た全ての所得の金額と、それに対する所得税等 ...

続きを読む

法人税

13view

2018/10/18

利益がでているのにキャッシュがない!?キャッシュフロー計算書の必要性

財務諸表と言えば多くの経営者の方は、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書を想像するのではないでしょうか。実は、財務諸表の中にはキャッシュフロー計算書というものがあります。 しかし、株式を公開していない一般の中小企業はキャッシュフロー計算書を作成する義務はありません。そのためキャッシュフロー計算書を知らない、作らなくてもいいと思っているかもしれませんが、キャッシュフロー計算書は経営状況を客観的に判断するために重要な書類です。 そんな重要なキャッシュフロー計算書の読み方、作り方について解説してみます。 ...

22view

2018/9/3

仮想通貨の税金は?日常生活で利益(所得)が発生するタイミング

2017年に仮想通貨で収入が1億円以上あったと申告した人が331人と国税庁が発表しました。株やFX等の投資で資産が1億円を超えた「億り人」が仮想通貨で331人はいるという事です。 「仮想通貨の税金は高い」と聞いた事はありませんか?それは、仮想通貨が原則、雑所得になるからです。 では、仮想通貨はいつ税金が発生するでしょうか? 保有していたら?売却したら? 税金も大切ですが、その前に仮想通貨で利益(所得)が発生するタイミングを知っておく事も大切です。 仮想通貨で利益(所得)が発生するタイミング ブラックくん先 ...

33view

2018/8/31

貸借対照表とは?貸借対照表で財政状態が判明

大手企業が副業を解禁する等、2018年は複業元年と言われています。副業をすると本業とは違う収入が増えるため、今まで給与所得のみだったサラリーマンは申告が必要になってきます。 副業はアフィリエイト、ライティング、せどり、FX、仮想通貨と様々です。アルバイトであれば、給与所得となり、本業の給与所得と合算して申告するため、そんなに難しくありませんがアフィリエイト、ライティングは帳簿の作成が必要になってきます。決算書が必要な副業が増えています。 決算書や試算表を見る事ができなければ、改善点、利益が見えてきません。 ...

104view

2018/8/22

法人の仮想通貨の期末評価は会計上、税務上「時価評価」「取得原価」

仮想通貨を個人ではなく、法人で取得するケースが増加しています。個人に比べ法人で取得した方が税率等でメリットがあるため、仮想通貨を法人で取得しようという事なのでしょうが、期末に保有する仮想通貨の会計処理はどうなるでしょうか。 有価証券であれば、保有目的区分に応じて「取得原価」「時価評価」をしますが、仮想通貨はどの評価になるでしょうか。 期末に保有する仮想通貨の税務上の評価 法人税法では、短期売買商品や売買目的有価証券等の資産については、期末時点で時価評価し評価損益を認識します。しかし、時価評価が必要とされる ...

Copyright© サブタックス , 2018 All Rights Reserved.