サブタックス

税金を味方に!副業、ブロガー、アフィリエイターのための税金コンテンツ

アフィリエイト

サイト売却の方法。ブログやアフィリエイトサイトは売れるのか?

突然ですが、アフィリエイトサイトを売却しました。 サイトを売却した事に対して、ツイッターのフォロワーさんからは、「サイトって売れるの?」という質問を何度か聞かれたのですが、アフィリエイトサイトは売れます。 この記事を読んでいて ・ブログが続かない ・ブログを辞めたい ・ブログの資産化を考えている と思っている方はいませんか。ブログは資産になります。諦めずにブログを継続する事をオススメしますが、諸事情によりブログを辞める時にはブログの売却を検討しましょう。収益が発生していなくても売れるブログはあります。 サ ...

続きを読む

仮想通貨のアレコレ

仮想通貨の税金対策は不動産所得とアフィリエイトがポイント

「仮想通貨は税金が高い」「仮想通貨に税金対策はない」「仮想通貨の税率は最高55%」等という話は多いいため、仮想通貨の税金はどうしようもないのかと思いがちですが、果たしてそうでしょうか。私はそうではないと考えます。 仮想通貨のみを考えると確かにこれらの意見になってしまいますが、個人の所得は10種類あります。木を見て森を見ずになってしまわないようにしましょう。 雑所得のマイナスは損益通算する事ができませんが、事業所得、不動産所得等のマイナスは雑所得と損益通算する事ができます。初年度にマイナスになりやすい不動産 ...

続きを読む

所得税のアレコレ

青色申告と白色申告の違いを比較した結果、青色申告の特典にお得感

個人事業主で申告をするのに「青色申告」と「白色申告」があるのをご存知でしょうか。どちらでも申告ができますが、白色申告に比べて、青色申告の方が有利な部分があります。 「有利なら青色申告で申告をしたい」と思っても、誰もが青色申告で申告はできません。しかし、一定の条件を満たす事で青色申告になります。 青色申告について1つ1つ確認をしてみます。 確定申告 日本では、納税者が自ら所得税額を計算し、申告する申告納税制度が採用されています。 毎年1月1日から12月31日までに得た全ての所得の金額と、それに対する所得税等 ...

続きを読む

仮想通貨のアレコレ

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の口座開設のやり方

投稿日:2018年7月28日 更新日:

SBIグループのSBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)が2018年7月17日よりついに新規口座開設申し込みの受付を開始しました。ネット証券でも有名なSBIグループの仮想通貨取引所であるSBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の口座開設は、期待をして待っていました。

SBI証券の口座を開設はしていたが、今まで仮想通貨の口座を開設していなかった人もSBIグループという事で口座を開設する人がでてくるのではないでしょうか。

そうなると早めに口座を開設しないと申し込みが殺到し口座開設に時間がかかってしまうかもしれません。期待する独自通貨のSコインの取引が開始された時に出遅れないためにも早速口座開設の申し込みをしてみました。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)口座開設の流れ

ブラックくん
株や仮想通貨の口座開設って初めてだからなんか緊張するな。
俺も最初はそうだった。結構簡単だし緊張しなくてもいいよ。口座開設の前にまずは口座開設の流れを知るとわかりやすいよ。
レッドくん

口座開設までの大きな流れは、

ポイント

step
1
仮登録

step
2
本登録

step
3
簡易書留受領

となっています。

登録をスムーズにするために、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、各健康保険証のいづれか1つを準備しておく事をオススメします。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)仮登録

早速仮登録をします。SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)より仮登録をします。

右上の黄色の○の口座開設をクリックして進みます。すると、メールアドレスを登録するページになります。

黄色の□部分に希望するメールアドレスを入力して登録をします。

注意事項等を確認・了承した場合は「確認・了承しました」にチェックをしてアカウント作成をします。

SBIバーチャル・カレンシーズの(SBIVC)の口座開設は法人はできないようになっています。現在受付していないみたいなので、将来は法人でも口座開設が出来るようになるのかもしれません。

アカウント作成をすると登録したメールアドレスにメールが届くので、メール本文内の「お客様専用URL」をクリックしてパスワードの設定をします。

パスワードの設定は「半角英大小数字記号のうち2種8文字以上」です。登録するパスワードは忘れないようにメモをとったり保存をしましょう。

パスワードの設定が完了するとログインしましょう。ログインする時には登録をしたメールアドレとパスワードを入力してログインします。ここまでで仮登録は完了です。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)本登録

仮登録が終わると次は本登録です。本登録では氏名、住所、本人確認書類等の登録をします。

住所等の入力の前にまずは「お取引にかかわる情報の提供についての確認」「契約締結前交付書面等」の確認・承諾です。内容を確認・承諾した場合は黄色の○にチェックをします。

次は「「外国口座税務コンプライアンス方(FATCA)」施工に伴う確認」です。米国市民でも米国居住者でもない方は「はい」を選択して下さい。

「「外国PEPs(外国の重要な公的地位を有する方)」に関する確認」です。外国PEPsではない方は「はい」を選択します。株の口座開設の時にも同じような確認があります。

「「運用資金」に関する確認」です。仮想通貨への投資は余裕資金でする事をオススメします。

確認事項が一通り終わり今から氏名・住所等の登録です。SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)では現在、住信SBIネット銀行以外の入金をしていないようです。今後は住信SBIネット銀行以外の銀行からの入金も出来るようになるでしょうが、早期に取引を開始したい場合は住信SBIネット銀行口座の開設をオススメします。

私は住信SBIネット銀行の口座がなかったのでこの機会に作りました。

氏名、住所等の入力が終わると次は「「本人確認書類」の提出」です。本人確認書類はWebアップロード、郵送のどちらかを選択出来ますが、Webの方が簡単なので私はWebにしました。

本人確認書類として提出できるものは、

運転免許証(表・裏)

パスポート(顔写真ページ、住所記載ページ)

マイナンバーカード(表)

各健康保険証(1点)

となっています。

郵送の場合は台紙をダウンロードして本人確認書類のコピーを糊付けして郵送する事になります。

郵送先

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー34階
SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社 口座開設係

「職業情報」「財務情報・投資経験」はそれぞれの内容についての解答を選択して下さい。「ご本人様確認」はご本人様確認時に必要になるかもしれないので、忘れないようにメモ等をして保存しておきましょう。

ここまできたらあと少しです。「ご案内について」「取引に関するご注意」を確認します。Sコインの情報がメールでくる可能性があるためご案内については「はい」にしておくと耳寄り情報が届くかもしれません。

登録情報を確認して登録をすると上記の画面になります。

まとめ

実際に登録をしてみましたが、登録はそんなに時間はかかりません。審査結果に何も問題がなければ、登録をした住所あてに簡易書留が届くみたいなのでそれで登録が完了されます。

簡易書留が届くまでが待ち遠しいです。簡易書留が届くまでは仮想通貨やSコインについての情報を集めます。住信SBIネット銀行の口座がない人はSBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の口座開設と並行して銀行口座の開設をしないと、せっかく口座開設をしても取引が出来ないかもしれないので銀行口座の開設も忘れないようにしましょう。

232view
現住所確認が未確認。SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)から簡易書留が届くまでの期間

待ちに待っていた、SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)から簡易書留が届きました。もう少し時間がかかるのかと思っていましたが、思ったよりも早く届きました。 早速登録の続きをしてみましたが、現住所 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
hide

hide

福岡に住む30代。税理士試験勉強中/サラリーマンブロガー 2児のパパです。 税金を少しでもわかりやすく伝えたい!!をモットーに税金コンテンツを発信中。勉強はいつしているの?ブログでアウトプットとインプット中!!!

-仮想通貨のアレコレ
-, ,

Copyright© サブタックス , 2019 All Rights Reserved.