注文住宅の内装

ウォークインクローゼットで後悔した間取りは?広さは3畳・扉なしで良い

2021年3月20日

ウォークインクローゼットで後悔!横長の間取りは入口の位置が大切

ウォークインクローゼットで後悔しないためのポイントは「入口の位置をどこにするか」 と「導線の広さ」です。

この2つがポイントになる理由は、収納スペースと使いやすさに影響するからです。

同じ広さでも収納スペースが広く、使いやすいウォークインクローゼットにしたくないですか?

 

またウォークインクローゼットは、3〜5畳ほどの広さがちょうどいいです。

我が家のウォークインクローゼットは3畳ほどですが、広さは十分です。

3畳より狭いと、使いづらく感じてるだろうな。

 

今回の記事では、これからウォークインクローゼットを作ろうとしている方が、私のように後悔しないよう、ウォークインクローゼットの活用しやすい間取りについてご紹介します。

この記事を読めば、どんな間取りが活用しやすいか、自分達の家にどんな間取りが合うか?がわかります。

図を用いてわかりやすく説明するので、是非参考にしてください。

 

新築の後悔は、こちらの記事でまとめて確認できます。

こちらもCHECK

新築は後悔ばかりの内容をブログでランキング形式にしました。
新築は後悔ばかりの内容をブログでランキング形式にしました。

続きを見る

ウォークインクローゼットで後悔した間取り

ウォークインクローゼットの間取りは主に横長と縦長に区分されますが、横長にしました。

L字型の間取りにしたら、予想よりも収納スペースが少なかった。

ウォークインクローゼットで後悔した間取りはこちらです。

 

3畳横長のウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットで後悔した間取り

3畳ほどの少し横長のウォークインクローゼットの間取りです。

一見後悔しない間取りに感じますが、L字型に収納スペースを作ったのですが意外と収納できるスペースが少ないです。

 

予想していなかったデッドスペース

次の図をみてください。

ウォークインクローゼットで後悔した間取り2

赤の部分が人が通る導線。つまりデッドスペースということになります。

このデッドスペースが広いと間取りの無駄遣いになってしまいます。

 

我が家は縦の長さも少し長めに取っていた為、よりデッドスペースが広くなってしまいました。

 

ウォークインクローゼットの広さと動線の幅

ウォークインクローゼットの広さと導線の幅

ウォークインクローゼットは間取りが大切ですが、後悔しないためには広さや導線の幅も大事です。

ここではウォークインクローゼットの広さと導線の幅についてご紹介します。

 

広さは3で十分

ウォークインクローゼットの広さは、大体3~5畳くらいが望ましいと言われています。

我が家のクローゼットは3畳ですが、広さは十分です。

むしろこれより畳数が少ないと狭いと感じます。

 

導線の幅は75cmあればゆっくり

導線の幅は60〜80cmくらいが望ましいと言われています。

実はウォークインクローゼットは広さよりも導線の幅が重要です。

デッドスペースを気にして導線の幅を狭くしてしまうと、かえって使いづらいクローゼットになりかねません。

 

想像してみてください。

ウォークインクローゼットに後悔した女性

・クローゼットの中を歩く度肩にハンガーがちょこちょこあたる

・衣装ケースを取り出す時にハンガーパイプの中を埋もれながら取らなきゃいけない

・ハンガーを取り出す時に後ろの収納に当たる

このような地味なストレス、なくせるなら最初からない方がいいですよね。

 

一般的には60cmあれば人がストレスなく通れる幅と言われています。

私の体感で言うと、少し余裕を持とうと思うなら75cmくらいが望ましいです。

逆に余裕を持ちすぎてしまうと今度はデッドスペースが増えてスペースの無駄遣いになってしまいます。

 

間取りを無駄にしたくない!という方は60cm80cmで検討してみてはいかがでしょうか。

この導線の幅をどれくらいにするか、入り口をどこにするか、が分かれば、ウォークインクローゼットの間取りも大方決まってきます。

 

ウォークインクローゼットは扉なしでもいい

ウォークインクローゼットは扉なしでも良い女性

ウォークインクローゼットの扉ありと扉なし、どっちがいいか迷います。

最終的に、扉なしのメリットとデメリットを考えにした扉なしにしました。

 

扉なしのメリット

扉なしのメリットは以下です。

扉なしのメリット

・扉を開け閉めしなくてもいい
・湿気や匂いがこもらない
・デッドスペースがなくなる
・空間が広くなる
・服の出し入れが楽

また扉がないことで、予算を抑えることができます。

 

扉なしのデメリット

扉なしのデメリットは以下です。

扉なしのデメリット

・冷暖房が効きにくくなる
・服にホコリがつく
・見た目が悪くなる

 

ウォークインクローゼットが寝室にある場合、ベッドからウォークインクローゼットの中が見える可能性があります。

整理されていると問題ないですが、上手く収納できていない時は扉がある方がスッキリします。

 

扉なしはロールスクリーンが解決してくれる

ウォークインクローゼットの中を見えないようにしたい、服にホコリがつくのを防ぎたい場合はロールスクリーンを設置することで解決できます。

来客時はロールスクリーンをさっと下ろすと、ウォークインクローゼットの中が見えません。

また日の当たる時間帯のみロールスクリーンを下ろし、日焼け防止をすることもできます。

扉よりもロールスクリーンの方が安いよ。

 

ウォークインクローゼットはいらなかったと後悔しないための3つのポイント

ウォークインクローゼットは収納の自由度が高く、整理しやすいメリットがあります。

ウォークインクローゼットはいらなかったと後悔しないために、3つのポイントを意識しましょう。

 

間口の広さを工夫する

間口の広い入口と狭い入口を比べてみると収納スペースがこれだけ違うよ。

①間口の広い側に入口

ウォークインクローゼットの広い間口

②間口の狭い側に入口

ウォークインクローゼットの狭い間口

比べてみてどう感じますか?②の間口の狭い入口の方が収納スペースが多いです。

しかし部屋の間取りの関係で①のようなむきに入口を配置しないといけないこともあります。

そんな場合は入口の位置を考えましょう。

 

入口の位置を工夫する

ウォークインクローゼットは入口の位置で収納スペースが違うよ。

ウォークインクローゼットの間取り3

先ほどは入口が真ん中でしたが、入口を端に寄せると収納スペースを広くすることができます。

他の部屋の間取りを意識して、ウォークインクローゼットの入口を考えてみましょう。

 

間取りを工夫する

ウォークインクローゼットを2つに区分する間取りもあるよ。

ウォークインクローゼットの間取り6

ウォークインクローゼットは無理に1つと決めなくても良いです。

上記のように2つに区分する方法もあり、畳数が大きかったり、奥行きがあったりする間取りの場合が有効です。

 

まとめ

ウォークインクローゼットはいらなかったと後悔しないためには3つポイントがあります。

ポイント

・間口の広さを工夫する

・入口の位置を工夫する

・間取りを工夫する

 

また導線の幅を60〜80cmにするとウォークインクローゼットの中でも動きやすいです。

ウォークインクローゼットは収納の自由度が高く、整理しやすいです。

あなたの生活スタイルにあったウォークインクローゼットにしてはいかがでしょう。

 

マイホーム計画中の女性

理想のマイホームはあるけど、予算が足りなくて妥協しないといけないかも

このように感じる方は珍しくありません。

しかし、新築には妥協してはいけないことがあります。

 

新築で妥協してはいけないこと、予算オーバーになりそうな時の対処法については、こちらの記事で詳しく確認できます。

こちらもCHECK

新築で妥協してはいけないことは5つ!
新築で妥協してはいけないことは5つ!予算オーバーの対処法を解説

続きを見る

 

マイホーム計画中の方におすすめの記事

建売と注文住宅で迷っている方はこちら

こちらもCHECK

建売と注文住宅どっちがいい?どっちも経験したメリット・デメリット
建売と注文住宅どっちがいい?どっちも経験したメリット・デメリット

続きを見る

 

新築で後悔したくない方はこちら

こちらもCHECK

新築は後悔ばかりの内容をブログでランキング形式にしました。
新築は後悔ばかりの内容をブログでランキング形式にしました。

続きを見る

 

建売で後悔したくない方はこちら

こちらもCHECK

建売の後悔をブログで赤裸々に告白します。

続きを見る

-注文住宅の内装