サブタックス

税金ブロガーが語る副業、ブロガー、アフィリエイターのための税金コンテンツ

税金対策

イデコ(個人型確定拠出年金)とつみたてNISAの併用で投資を加速

サブタックスへようこそ。副業経験者の僕が疑問点の解決や、不明点の補足をするよ。
レッドくん
ブラックくん
副業初心者の僕が疑問点を投げかけるよ。2人の会話が記事のポイントになるよ。

将来に向けて「イデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)とつみたてNISAどちらに投資をしよう」と悩む方は多いです。イデコとつみたてNISAは投資金額、税制上の取り扱い等が違うので、悩むのは仕方がありません。

「イデコとつみたてNISAはどちらがいいのか」といった記事をよく見かけますが、私はイデコ・つみたてNISA両方する事をオススメします。「イデコとつみたてNISA両方に投資をすると投資金額が増える」と思うかもしれませんが、実はそうではありません。イデコの掛金で、イデコとつみたてNISA両方に投資する方法をご紹介します。

イデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)とは

イデコとは個人型確定拠出年金の愛称で、将来の老後資金を自分で作る年金制度です。イデコの加入者は、定期預金・保険・投資信託等の中から自分で選んだ商品で運用を行います。

・掛け金は全額所得控除
・運用益、値上がり益は全額非課税
・年金として受け取る場合は「公的年金控除」一時金の場合は「退職所得控除」

イデコには上記3つの特徴があり、原則60歳まで引き出しができません。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは少額投資非課税制度です。投資対象となっている商品は、金融庁が認めた投資信託・ETFなどに限定されているため投資初心者の方にオススメです。

つみたてNISAはiDeCoとは違い、いつでも売却が可能で、投資信託等を売買した時の譲渡益が非課税となる特徴があります。分配金に関しては、受取方法によって非課税とならない場合があるので注意が必要です。また、NISAとつみたてNISAの併用はできません。

イデコの節税額でつみたてNISAを運用

ブラックくん
投資金額を増やさないで、イデコとつみたてNISAの両方に投資するってどういう事?レッドくん疲れているの?
疲れてはいるけど、本当の事を言っただけだけど。
レッドくん
ブラックくん
ん?
イデコの掛金は所得控除になるだろう?所得控除になるって事は、所得税や住民税が節税出来るじゃないか。
レッドくん
ブラックくん
それは知っているけど、節税と投資って違わない?
イデコの節税額を使わないで、つみたてNISAに投資したらどうなる?
レッドくん
ブラックくん
節税額だったら新たに投資金額を増やさなくても投資が出来る...あっ。

イデコの最大の特徴は「掛金が全額所得控除になる」という事です。掛金が所得控除になるという事は、所得税・住民税の節税が出来る事になります。iDeCoは個人事業主や会社役員だけでなく、会社員や公務員なども加入できるためサラリーマンでも節税が可能です。

ここで1つ質問です。「iDeCoで節税した金額どうしますか?」
例えば、年間イデコに10万円投資し、所得税率が10%であれば、所得税と住民税を合計すると約2万円の節税額になります。税金が節税されるため10万円‐2万円=8万円で投資したのと同じ事です。

2万円あれば、豪華な食事・旅行等が可能です。しかし、その2万円をつみたてNISAに投資すれば、iDeCoの掛金10万円でiDeCoに10万円・つみたてNISAに2万円投資する事になります。

この方法を使えばiDeCoとつみたてNISAどちらに投資をしようと悩む必要はありません。

つみたてNISAの投資額でイデコの運用は出来ない

イデコの投資額で、イデコとつみたてNISAの両方を投資する事は出来ますが、つみたてNISAの投資額でイデコとつみたてNISAの両方を投資する事は出来ません。この場合は、イデコとつみたてNISA両方の投資金額が必要です。

つみたてNISAの投資金額は所得控除にはならないから、つみたてNISAでは節税が出来ないんだ。
レッドくん

イデコとつみたてNISAの両方に投資する方法で大事なのは投資する順番です。

ココがポイント

・イデコ     → つみたてNISA ○

・つみたてNISA → イデコ     ×

つみたてNISAの掛金は所得控除にならないので、今回の方法が使えないので注意が必要です。大事な事はイデコの節税額です。

つみたてNISAに運用出来る節税額の具体例

最初の投資金額を増やすことなくイデコ・つみたてNISA両方に投資するためには、イデコの投資金額と節税額を知る必要があります。今回は、節税額を2つのパターンで具体的に計算してみます。

説明をわかりやすくするために、社会保険は年収の15%、所得控除は社会保険料控除・基礎控除のみ、住民税10%で計算しています。

年収400万円の場合(扶養なし)

年収400万円で扶養なしの場合、iDeCoに投資をしていなければ、所得税は約85千円、住民税は約173千円、合計258千円の税金になります。iDeCoに投資をした場合の節税額については下記に表でまとめました。

(単位:千円)

イデコの投資金額 所得税 住民税 合計 節税額
0 85 173 258 0
50 83 168 251 7
100 80 163 243 15
150 78 158 236 22

年収400万円の場合(扶養1人又は配偶者控除・配偶者特別控除38万円あり)

年収400万円で扶養が1人などの場合、イデコに投資をしていなければ、所得税は約66千円、住民税は約140千円、合計206千円になります。イデコに投資をした場合の節税額については下記に表でまとめました。

(単位:千円)

イデコの投資金額 所得税 住民税 合計 節税額
0 66 140 206 0
50 63 135 198 8
100 61 130 191 15
150 58 125 183 23

年収が400万円の場合、扶養の人数に関係なく所得税率は5%です。所得が増えると所得税率が増え扶養なしの場合、年収450万円ぐらいになると所得税率が10%になり節税額が増えてきます。

国民1人あたりの年金は徐々に減少傾向ある中、社会保険料・消費税等は徐々に上昇しています。さらに中小企業の従業員の多くは退職金がもらえない事の方が多いです。将来に向けて、税制面で優遇されているイデコやつみたてNISA等を利用し、少しずつ資産を増やしていく事が大切です。

ブログ

サイト売却の方法。ブログやアフィリエイトサイトは売れるのか?

突然ですが、アフィリエイトサイトを売却しました。 サイトを売却した事に対して、ツイッターのフォロワーさんからは、「サイトって売れるの?」という質問を何度か聞かれたのですが、アフィリエイトサイトは売れます。 この記事を読んでいて ・ブログが続かない ・ブログを辞めたい ・ブログの資産化を考えている と思っている方はいませんか。ブログは資産になります。諦めずにブログを継続する事をオススメしますが、諸事情によりブログを辞める時にはブログの売却を検討しましょう。収益が発生していなくても売れるブログはあります。 サ ...

続きを読む

確定申告

青色申告と白色申告の違いを比較!青色申告の特典にお得感あり

こんにちは。ひでです。 ブラックくん青色申告が有利って聞くけど、白色申告に比べてどのくらい有利なの?青色申告と白色申告の違いってなに? 個人事業主で申告をするのに「青色申告」と「白色申告」があるのをご存知でしょうか。どちらでも申告ができますが、白色申告に比べて、青色申告の方が有利な部分があります。 「有利なら青色申告で申告をしたい」と思っても、誰もが青色申告で申告はできません。しかし、一定の条件を満たす事で青色申告になります。 今回は青色申告についてご紹介します。青色申告と白色申告の違いについても確認しま ...

続きを読む

仮想通貨・暗号資産の税金対策は所得と損失を相殺

仮想通貨・暗号資産

仮想通貨(暗号資産)の税金対策は必要?税金の目安と5つの対策方法

こんにちは。ひでです。 今回は仮想通貨(暗号資産)の税金対策です。 ブラックくん仮想通貨の税金は高いけど、税金対策は何があるの? という話は多いいため、仮想通貨の税金はどうしようもないのかと思いがちですが、果たしてそうでしょうか。私はそうではないと考えます。仮想通貨のみを考えると確かにこれらの意見になってしまいますが、個人の所得は10種類あります。「木を見て森を見ず」になってしまわないようにしましょう。 そして、こんなことを思ったことがないですか? ブラックくん仮想通貨に税金対策って必要なの? 仮想通貨は ...

続きを読む

  • この記事を書いた人
ひで

ひで

初めまして!ブログ運営者のひでです。 税理士事務所で働きだして10年が経過。「個人で稼ぐ時代」副業で稼いだ税金はどうなるの?税理士に相談をするのはちょっと...何を聞いたらいいかわからないし高そう... わかりにくい税金をカンタンに説明します。

-税金対策

Copyright© サブタックス , 2019 All Rights Reserved.