イデコ(iDeCo)

イデコ(個人型確定拠出年金)とつみたてNISAの併用で投資を加速

ひで

ひで

初めまして!ブログ運営者のひでです。 「このままでは生活が苦しくなる」と思い、子供が産まれたことをきっかけに副業を始める!サラリーマンを頑張っても収入が増えないことに気付き、お金の勉強と自動収入の仕組みづくりをスタート! なんとか不動産収入をゲットし、現在は住宅ローンを副業収入で支払っています。

こんにちは。ひでです。

将来のために投資を始めようと思うんだけどイデコとつみたてNISAはどっちがいいのかな?

将来に向けて「イデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)とつみたてNISAどちらに投資をしよう」と悩む方は多いです。イデコとつみたてNISAは投資金額、税制上の取り扱い等が違うので、悩むのは仕方がありません。

これに対する私の答えは「イデコもつみたてNISAもどっちもする」です。

「資金的な余裕がなくイデコとつみたてNISAを両方できないから悩んでいるのに何を言っているの?」と思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか。

税理士事務所経験10年以上の私が、イデコの税制上の特徴を利用した方法をご紹介します。

この記事を読めばイデコのみの掛金で、イデコとつみたてNISAの両方に投資することができます。今からご紹介する方法に特別なことはありません。順番を考えるだけです。

こんな方におすすめ

  • イデコとつみたてNISAどっちにするか迷っている
  • 将来のために投資をはじめたい

イデコの節税額でつみたてNISAを運用

投資金額を増やさないで、イデコとつみたてNISAの両方に投資するってどういうこと?レッドくん疲れているの?
疲れてはいるけど、本当のことを言っただけだよ。
ん?
イデコの掛金は所得控除になるだろう?所得控除になるってことは、所得税や住民税が節税出来るじゃないか。
それは知っているけど、節税と投資って違わない?
イデコの節税額を使わないで、つみたてNISAに投資したらどうなる?
節税額だったら新たに投資金額を増やさなくても投資ができる...あっ。

イデコの最大の特徴は「掛金が全額所得控除になる」ことです。掛金が所得控除になるということは、所得税・住民税の節税ができることになります。

イデコは個人事業主や会社役員だけでなく、会社員や公務員なども加入できるためサラリーマンでも節税が可能です。

ここで1つ質問です。「イデコで節税した金額どうしますか?」
例えばイデコに年間10万円投資し、所得税率が10%であれば、所得税と住民税を合計すると約2万円の節税額になります。税金が節税されるため10万円‐2万円=8万円で投資したのと同じです。

2万円あれば、豪華な食事・旅行等ができます。しかしその2万円をつみたてNISAに投資すれば、イデコの掛金10万円のみでイデコに10万円・つみたてNISAに2万円投資が可能です。

この方法を使えばiDeCoとつみたてNISAどちらに投資をしようと悩む必要はありません。結論からいくと、今回のテーマはここまでで話しが終わってしまうのですが、この方法を上手く利用するにはイデコとつみたてNISAの掛金(順番)が大事になります。

つみたてNISAの投資額でイデコの運用は出来ない

イデコの投資額でイデコとつみたてNISAの両方を投資することはできますが、つみたてNISAの投資額でイデコとつみたてNISAの両方を投資する事はできません。この場合は、イデコとつみたてNISA両方の投資金額が必要です。

つみたてNISAの投資金額は所得控除にはならないから、つみたてNISAでは節税が出来ないんだ。

イデコとつみたてNISAの両方に投資する方法で大事なのは投資する順番です。

ココがポイント

・イデコ     → つみたてNISA ○

・つみたてNISA → イデコ     ×

つみたてNISAの掛金は所得控除にならず、今回の方法が使えないので注意が必要です。大事なのはイデコの節税額です。

イデコとつみたてNISAの違い

イデコとつみたてNISAの違いを比較する女性

イデコとつみたてNISAは併用できますが、税制上の取扱だけでなくそれぞれ違った特徴があります。投資金額や掛金、途中解約などに違いがあるので確認しましょう。

イデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)とは

 

イデコとは個人型確定拠出年金の愛称で、将来の老後資金を自分で作る年金制度です。イデコの加入者は、定期預金・保険・投資信託等の中から自分で選んだ商品で運用を行います。

・掛け金は全額所得控除
・運用益、値上がり益は全額非課税
・年金として受け取る場合は「公的年金控除」一時金の場合は「退職所得控除」

イデコには上記3つの特徴があり、原則60歳まで引き出しができません。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは少額投資非課税制度です。投資対象となっている商品は、金融庁が認めた投資信託・ETFなどに限定されているため投資初心者の方にオススメです。

つみたてNISAはiDeCoとは違い、いつでも売却が可能で、投資信託等を売買した時の譲渡益が非課税となる特徴があります。分配金に関しては、受取方法によって非課税とならない場合があるので注意が必要です。また、NISAとつみたてNISAの併用はできません。

イデコとつみたてNISAを比較

イデコとつみたてNISAを比較すると下記のようになるよ。
内容 イデコ つみたてNISA
投資可能な年齢 20歳以上60歳未満 20歳以上
最大投資可能期間 20年 60歳まで(運用できるのは70歳まで)
途中解約 原則できない いつでも可能
年間投資可能金額 144,000円〜816,000円まで(職業などによって異なる) 40万円
最低積立額 毎月5,000円 100円(金融機関によって異なる)
目的や活用例 老後の資金 車・住宅の購入資金、教育資金など

つみたてNISAに運用出来る節税額の具体例

最初の投資金額を増やすことなくイデコ・つみたてNISA両方に投資するためには、イデコの投資金額と節税額を知る必要があります。今回は、節税額を2つのパターンで具体的に計算してみます。

説明をわかりやすくするために、社会保険は年収の15%、所得控除は社会保険料控除・基礎控除のみ、住民税10%で計算しています。

年収400万円の場合(扶養なし)

年収400万円で扶養なしの場合、iDeCoに投資をしていなければ所得税は約85千円、住民税は約173千円、合計258千円の税金になります。iDeCoに投資をした場合の節税額については下記に表でまとめました。

(単位:千円)

イデコの投資金額 所得税 住民税 合計 節税額
0 85 173 258 0
50 83 168 251 7
100 80 163 243 15
150 78 158 236 22

年収400万円の場合(扶養1人又は配偶者控除・配偶者特別控除38万円あり)

年収400万円で扶養が1人などの場合、イデコに投資をしていなければ所得税は約66千円、住民税は約140千円、合計206千円になります。イデコに投資をした場合の節税額については下記に表でまとめました。

(単位:千円)

イデコの投資金額 所得税 住民税 合計 節税額
0 66 140 206 0
50 63 135 198 8
100 61 130 191 15
150 58 125 183 23

年収400万円の場合、扶養の人数に関係なく所得税率は5%です。所得が増えると所得税率が増え扶養なしの場合、年収450万円ぐらいになると所得税率が10%になり節税額が増えてきます。

国民1人あたりの年金は徐々に減少傾向ある中、社会保険料・消費税等は徐々に上昇しています。さらに中小企業の従業員の多くは退職金がもらえないことの方が多いです。将来に向けて、税制面で優遇されているイデコやつみたてNISA等を利用し、少しずつ資産を増やしていくことが大切です。

年収130万円のパート主婦がイデコに加入
パート主婦がイデコ(iDeCo)に加入!年収130万円で検証

パートでもイデコに加入する意味ってあるの? 意味あるよ。なんでそう思うの? イデコって税金対策でしょ?パートだと扶養の範囲内で働いてることが多く、税金対策は必要ないんじゃないの? イデコは税金対策以外 ...

続きを見る

イデコの節税を年収400万シミュレーション
イデコ(iDeCo)の節税効果を年収400万円でシミュレーション

老後に2,000万円必要と言われ、イデコが注目を浴びています。イデコは個人型確定拠出年金の愛称で、自分で作る年金制度です。 節税効果もあり老後資金を作るのに有効だと言われていますが、どのくらい有効なの ...

続きを見る

あわせて読みたい

お金を「増やす」「貯める」「守る」!!!


増やすぞ収入
主婦にオススメの副業5つ!税金・扶養を意識して体験談から選択

税金・扶養、主婦の悩みに注目してるよ。


カンタン節約
パート主婦の節約方法!収入を増やさなくても扶養内でできるやりくり

これならカンタンにすぐできそう。


気になる税金
副業してるパート主婦の税金対策!アフィリエイト収入をさらに増やす

税金を減らしながら収入が増やせる。


\この記事はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ひで

ひで

初めまして!ブログ運営者のひでです。 「このままでは生活が苦しくなる」と思い、子供が産まれたことをきっかけに副業を始める!サラリーマンを頑張っても収入が増えないことに気付き、お金の勉強と自動収入の仕組みづくりをスタート! なんとか不動産収入をゲットし、現在は住宅ローンを副業収入で支払っています。

-イデコ(iDeCo)

© 2020 サブタックス