サブタックス

税金を味方に!副業、ブロガー、アフィリエイターのための税金コンテンツ

アフィリエイト

サイト売却の方法。ブログやアフィリエイトサイトは売れるのか?

突然ですが、アフィリエイトサイトを売却しました。 サイトを売却した事に対して、ツイッターのフォロワーさんからは、「サイトって売れるの?」という質問を何度か聞かれたのですが、アフィリエイトサイトは売れます。 この記事を読んでいて ・ブログが続かない ・ブログを辞めたい ・ブログの資産化を考えている と思っている方はいませんか。ブログは資産になります。諦めずにブログを継続する事をオススメしますが、諸事情によりブログを辞める時にはブログの売却を検討しましょう。収益が発生していなくても売れるブログはあります。 サ ...

続きを読む

仮想通貨

仮想通貨の税金対策は不動産所得とアフィリエイトがポイント

「仮想通貨は税金が高い」「仮想通貨に税金対策はない」「仮想通貨の税率は最高55%」等という話は多いいため、仮想通貨の税金はどうしようもないのかと思いがちですが、果たしてそうでしょうか。私はそうではないと考えます。 仮想通貨のみを考えると確かにこれらの意見になってしまいますが、個人の所得は10種類あります。木を見て森を見ずになってしまわないようにしましょう。 雑所得のマイナスは損益通算する事ができませんが、事業所得、不動産所得等のマイナスは雑所得と損益通算する事ができます。初年度にマイナスになりやすい不動産 ...

続きを読む

所得税

青色申告と白色申告の違いを比較した結果、青色申告の特典にお得感

個人事業主で申告をするのに「青色申告」と「白色申告」があるのをご存知でしょうか。どちらでも申告ができますが、白色申告に比べて、青色申告の方が有利な部分があります。 「有利なら青色申告で申告をしたい」と思っても、誰もが青色申告で申告はできません。しかし、一定の条件を満たす事で青色申告になります。 青色申告について1つ1つ確認をしてみます。 確定申告 日本では、納税者が自ら所得税額を計算し、申告する申告納税制度が採用されています。 毎年1月1日から12月31日までに得た全ての所得の金額と、それに対する所得税等 ...

続きを読む

ふるさと納税

今後どうなる?ふるさと納税の返礼品が見直し!クラウドファンディングが注目!

投稿日:

平成20年から開始されたふるさと納税は、平成26年頃から話題となり、ふるさと納税の寄付金額は年々増加傾向にあります。

ふるさと納税と言えば、返戻品です。ふるさと納税をすると、寄付をした自治体からお礼として返戻品を受け取れます。自治体は寄付をして貰うために、返戻品を豪華にする傾向にありました。

しかし、ふるさと納税の返戻品が過熱してきたため、総務省は全国の自治体に対して返戻品の見直しを通知しており、ふるさと納税の返礼品に変化がでてきています。

ふるさと納税が人気な理由

ふるさと納税が人気な理由は返戻品です。ふるさと納税の寄付を自治体にすると、寄付をした自治体からお礼として、返戻品を受け取れます。

ふるさと納税は寄付になるため、受け取る返戻品は寄付金額を下回ります。返戻品だけが欲しいのであれば、寄付をしないで欲しい返戻品を購入した方が安くなります。

しかし、ふるさと納税は自治体への寄付となるため、寄付金控除の対象となります。寄付をした人は寄付金控除を受け、自己負担2,000円で返戻品を受け取る事ができます。実質的に2,000円で返戻品を購入したのと同じ事です。

2,000円で返戻品が受け取れる」これが、ふるさと納税が人気な理由です。

ブラックくん
ふるさと納税の返礼品は嬉しいね。自己負担2,000円で色々な返礼品が貰えるから、普段では買えないような物が貰えて得した気分になるよ。

見直し以前のふるさと納税の返礼品

ふるさと納税で人気な返戻品ですが、総務省から全国の自治体に対して返戻品の見直しを通知する前は様々な返戻品がありました。中でも、商品券、食事券、パソコン、家電、時計といった換金性や資産性が高い返戻品は人気でした。他にはiPadもありました。

そういった返戻品が増え返戻品競争が過熱してきたため、平成28年に総務省は返戻品の見直しを全国の自治体に通知をし、返戻品の見直しがされました。

総務省はふるさと納税の返礼品の返礼割合を3割以下に要請

返戻品の中には、商品券等の換金性や資産性の高い返戻品だけでなく、還元率の高い返戻品もあります。中には還元率が8割を超え返戻品も存在しています。

総務省は高還元率の返戻品を3割以下に統一をしようと試みて、平成29年に全国の自治体に通知をしました。しかし、その通知を無視して返戻品が3割を超えている自治体があり、平成309月に返戻割合が3割を超えている自治体の全リストを公表しました。

総務省の強い意志と共にふるさと納税の返戻品は、返戻割合3割以下に落ち着くかもしれません。

ふるさと納税の返礼品を地場産品に限定

ふるさと納税の返戻品は、平成28年「商品券等の見直し」平成29年「返戻割合3割以下」と年々段階的に自粛要請が強くなっていますが、平成30年にも総務省は通知をしています。それは、「ふるさと納税の返戻品を地場産品に限定」する事です。

ふるさと納税の返戻品は自治体から送られますが、送られてきた返戻品には地場産以外のものもあります。一部の自治体では、海外産のワインやシャンパン、関係のない地域のフルーツ等を取り扱っている自治体もあり、ふるさと納税の趣旨に沿ったものとずれてきています。

ふるさと納税の返礼品は年々自粛要請が強くなってきているな。
レッドくん

ふるさと納税の本来の目的は地方と都市の税収格差を埋める事

ふるさと納税が導入された大きな要因は地方と都市の税収格差です。

現代は都市部に若者が増加し、地方は若者が減少しています。都市部に若者が増加すると、都市部では税収が増加します。その反面、地方は若者が減少すると、高齢者の割合が増加し行政コストが増加します。

地方と都市の税収格差を埋めるために、様々な自治体に寄付ができるふるさと納税が導入されました。

応援したい自治体に寄付ができるふるさと納税は、欲しい返戻品がある自治体に寄付をする制度にかわってきているきがします。

ブラックくん
ふるさと納税が導入された事で地方に資金が集まったのは事実だな。

ふるさと納税で人気な返礼品は「米、肉、魚」

ふるさと納税の趣旨とずれてきているふるさと納税ですが、都市部ではなく地方にお金が集まっているのは事実です。

ふるさと納税の返戻品を楽しみにしている人がいるのも事実です。では、どんな返戻品に人気があるでしょうか。ふるさと納税で人気がある返戻品は、「肉、米、魚」です。特に米は、主婦や一人暮らしの女性に人気があるのではないでしょうか。

米は沢山の人が毎日食します。消費が激しく、スーパーに買い物にいって持って帰るのは女性では重たいです。しかし、ふるさと納税を利用して米を返戻品で受け取ると、米を玄関前まで運んでくれます。これは、女性にとって嬉しいです。

ふるさと納税の返礼品をお中元、お歳暮として活用

日本では毎年78月にお中元、12月にお歳暮を贈る風習があります。日頃からお世話になっている方々や目上の方に向けて感謝の気持ちと健康を願う気持ちをあわらすために品物を贈るのですが、その贈る品をふるさと納税の返戻品で贈る事ができます。

ふるさと納税の返礼品の中に「のし付きの返礼品」が登場してきているな。
レッドくん

お中元やお歳暮を贈る時にはのし付きで贈る事が多いですが、ふるさと納税の返戻品の中にも「のし付きの返戻品」が存在しています。これは、お中元やお歳暮を想定している返戻品でしょう。

お中元やお歳暮を貰った人は、貰った品がふるさと納税の返戻品なんて事はわかりません。日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて、「高級な品を贈りたいが現実は厳しい」となっていても、ふるさと納税を利用して自己負担2,000円で贈る事ができれば家計に助かりますし、貰った方も嬉しいです。

ふるさと納税とクラウドファンディング

「こんなモノやサービスを作りたい」「こんな風に世の中の問題を解決したい」といったアイデアやプロジェクトがあっても資金がない。そういった時に、インターネットサービスを通じて、世の中に呼びかけ共感した人から広く資金を集める方法としてクラウドファンディングがあります。

最近では、クラウドファンディング型のふるさと納税に取り組む自治体が増えてきており、総務省は、クラウドファンディング型のふるさと納税に取り組む自治体を後押ししています。

日本最大級のふるさと納税サイトである「ふるさとチョイス」では、ガバメントクラウドファンディング(ふるさと納税チョイスがふるさと納税制度を活用して行うクラウドファンディング)により、平成30109日現在3,576,811,903円の応募寄附総額が集まっています。

ブラックくん
ふるさと納税とクラウドファンディングは相性が良さそうだな。
うん。ふるさと納税を利用して資金を集める事ができ、プロジェクトが推進されていけば地方に資金だけでなく、人が集まる可能性があるな。
レッドくん

まとめ

ふるさと納税は返戻品が注目されていますが、今後見直しが行われる事でしょう。

ふるさと納税制度を利用したクラウドファンディングが進んでいけば、企業は自治体からふるさと納税を財源とした補助が交付されたり、支援してくれる人を呼びかけ資金を集める事が期待できます。

ふるさと納税は今後違った形で進化をしていくための、今はその発展途上かもしれません。

  • この記事を書いた人
hide

hide

福岡に住む30代。税理士試験勉強中/サラリーマンブロガー 2児のパパです。 税金を少しでもわかりやすく伝えたい!!をモットーに税金コンテンツを発信中。勉強はいつしているの?ブログでアウトプットとインプット中!!! >相続税、贈与税については空き家8

-ふるさと納税
-, ,

Copyright© サブタックス , 2018 All Rights Reserved.